スポンサーリンク

確定申告・レーザーカッターの減価償却の期間は結構長い

スポンサーリンク

EtcherLasarPro

個人事業主の確定申告で申告する際に、レーザーカッターは資産扱いとなるようです。そのため購入価格での一括での費用計上ができません。

この場合、耐用年数の時間をかけて、毎年費用を分割して計上し続ける必要があります。

スポンサーリンク

レーザーカッターの耐用年数は?

調べてみると、レーザーカッターだから何年と決まっているわけではなく、何の素材を切るかで年数が決まるようです。

「確定申告書等作成コーナー よくある質問」にそれが書いてありました。「主な減価償却資産の耐用年数(機械・装置)」の表です。

一部を切り出してみます。

レーザーカッターで切れそうな素材を抽出してみると、

・食品:10年
・布:7年
・木材:8年
・紙:12年
・ゴム:9年
・革:9年

となります。

また東京都の同様のページの「機械及び装置の耐用年数表」のPDFには、プラスチック製品(アクリルとかの樹脂系かな?)も書いてありその場合、

・プラスチック製品:8年

でした。

カットする素材によって最短7年から最長12年と結構変わってきますね。

スポンサーリンク

今年分はとても少ない

私の場合、レーザーカッターで加工する素材の主な物は木材なので、耐用年数を8年としました。

購入費用が33万程度で、8年で償却するため、

約33万÷8年÷12月=約3400円

と1ヶ月あたり約3400円ずつ、ゆっくりと償却していく計算になります。

私の購入したEtcherLaserProは、12月に納品され使用を開始したため、今期は1ヶ月分の約3400円程度しか今期は費用計上できません。(実際は「約」ではなく詳細に計算する必要があります)

スポンサーリンク

8年も使い続けられるのか?

法律で決まっているので仕方がないのですが、8年という超長期での償却となってしまいます。

業務用の機械と違って、民生用用途のEtcherLaserProが8年後も動いているのかちょっと心配ではありますが、長いきしてもらいたい物です。

私は、会計ソフトにわくわく青色申告を使っています。大手のソフトのように毎年更新費用がかからないのに、必要なアップデートはしてくれるところがいいと思っています。

kohapepeをフォローする
レーザーカッター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント