スポンサーリンク

簡単改造ファミコンコントローラUSB化キットが完成しました

スポンサーリンク

FCPad

注文してから1週間ちょっとで、ファミコンコントローラをUSBに変換する基板が、PCBWayから届きました!

PCBWayの基板とステンシルいつもありがとうございます。PCBWay

回路図や注文方法などはこちらをご覧ください。

ボタンのパッドがあるため、金メッキの基板となっています。金メッキの基板は綺麗ですね。

はんだ仕上げの基板の場合、酸化してボタンの接触が悪くなり、時間が経つとボタンが反応しにくくなってしまいます。そのため、長く使えるよう腐食のない金メッキ仕様の基板にしてあります。

スポンサーリンク

はんだの印刷

まずは、ターゲットとなる基板の周辺に同じ厚みの基板を配置します。

ステンシルを載せます。基板とステンシルの四隅には1mmの穴を開けてあるので、そこに画鋲をさして基板とステンシルの位置決めをしています。

はんだペーストにはCHIPQUIKの低融点はんだペーストのTS391LT50を使っています。138度で溶け始めるため、家庭用のオーブンでも簡単にリフローができます。また、TS391LT50ははんだの粒子が一般に売っている中華製のはんだペーストよりも細かいために、細いパッドでも綺麗に印刷することができるので、私はずっとこれを使っています。

使用済みのプラスチックカード(私はマルツパーツ館の会員証を使っています)ではんだペーストを上から下へ印刷していきいます。

綺麗に印刷できました。

5枚分印刷しましたが、途中洗浄することなく最後まで綺麗に印刷することができました。

スポンサーリンク

部品の実装

電動バキュームピック

部品の実装には、ピンセットではなく、電動バキュームピック HAKKO394を使っています。

ノズルを交換することで、面積の広いICから

小さいチップ部品まで、空気の力で吸い付けて、ピックアンドプレースができます。ピンセットよりも劇的に短時間に部品を実装できるので、絶対的におすすめの工具です。

チップ部品用のノズルは、こちらで安価に購入することができます。

それほど部品点数が多くないので、スムーズに実装できました。

短時間に全ての基板の実装が終わりました。

スポンサーリンク

リフロー

コンベクションオーブンでリフロー

コンベクションオーブン、テスコムコンベクションオーブンTSF601を使っています。

温風が庫内を循環するので、温度ムラが少ないのがコンベクションオーブンの特徴です。また、この機種は加熱の最中でも温度を変更できるので、はんだペーストの温度プロファイルに従って、庫内の温度を調節できます。庫内の温度のモニターのために、K型熱電対温度計を使っています。

設定温度よりも庫内が低めになることがあるので、温度計を見ながらを目的の温度になるように、温度設定つまみを調節しています。

おおよそ10分でリフローが完了。

基盤のリフローが完了しました。

スポンサーリンク

配線

このボードにはUSBケーブルを取り付けます。USBケーブルの被覆を剥くのに、写真のようなワイヤーストリッパーを使ってみました。

線の太さに関係なく、ハンドルを握るだけで、被覆を剥くことができます。細い線を被覆を剥くのには向いていませんが、USBケーブルのように複数の線が入ったような太い線の被覆を剥くのには、とても便利な工具です。

基板にケーブルをはんだ付けしました。

スポンサーリンク

プログラムの書き込み

このままでは、マイコンに何もプログラムが書き込まれていないので、ArduinoのPro Microのブートローダを書き込みます。

基板に書き込み用のコネクタを取り付けることができないので、AVRISPのメスのコネクタに、テストピンを差し込んで、写真のようにテストピンで接触させて、書き込みました。

テストピンには、P75-E2を使っています。

このピンに、R75-3Wというレセクタプルをさして

AVR ISPのコネクタに差し込んでいます。

ボートローダーが書き込めると、この基板はArduino Pro Micorとして動作するようになります。次はArduino IDEでゲームパッドのプログラムを書き込みます。

プログラムはkc_fcpad1よりダウンロードできます。サンプルプログラムをちょっと書き換えた程度の簡単なプログラムです。

Arduinoのプログラムが書き込まれると、ゲームパッドとして動作するようになります。これで、ファミコンコントローラUSB化キット基板の完成です。

スポンサーリンク

ファミコンコントローラを改造

それでは、ファミコンのコントローラを完成した基板でUSB化してみましょう。まずはファミコンのIコンの裏蓋のネジを外します。

もともと入っている基板を取り除きます。

完成した基板を、中に収めます。形状も穴の位置もぴったりでした。

裏蓋を閉じてねじ止めします。

FCPad

USBファミコンコントローラの完成です。改造はとても簡単です。

スポンサーリンク

遊んでみる

私はMacのゲーム機エミュレータのOpenEmuで遊んでいます。コントローラの設定画面で、ボタンを設定していきます。

おおおおおおおおおお!ファミコンのコントローラでファミコンのエミュレータを楽しむことができます。これは感動です。何か懐かしい物を感じます。これは楽しいですよ。

ここで紹介したファミコンコントローラUSB化キットは、こちらで販売しています。

FCPad販売

 

kohapepeをフォローする
ファミコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント