スポンサーリンク

任天堂スイッチを立てるスタンドを3Dプリンタで作りました

スポンサーリンク

任天堂スイッチの背面には、小さなスタンドがついていて、それでスイッチを立てて遊んでいます。しかし、よく外れているうちにゆるゆるになって、すぐに外れるようになってしまいました。

このスタンド、最初はカッチリ止まっていたのですが、今ではゆるゆるでゲーム中に振動があると、すぐに外れてしまいます。

というわけで、3Dプリンターで任天堂スイッチ用のスタンドを作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

設計から印刷

Blenderで、スタンドの形状をモデリングします。今回は結構時間がかかってしまいました。

Curaでデータを3Dプリンタ用のデータに変換します。印刷時間がかかるので、インフィルを15%と内部の印刷をスカスカにして、印刷時間の短縮をしています。

約2時間で無事に印刷が完了です。

スポンサーリンク

完成

こちらが完成した任天堂スイッチのスタンドです。下にある台は以前レーザーカッターで作ったミニテーブルです。

なかなかいい感じではないでしょうか。それでは任天堂スイッチを載せてみます。

いいですね。

いい感じの角度です。

3Dプリンターでちょうど良い角度の任天堂スイッチスタンドができました。これで、プレイ中にスタンドが外れて、任天堂スイッチが倒れることもなくなります。