スポンサーリンク

Canon Canola L1211の表示器をESP32で制御してNTPカレンダー&時計が完成しました

スポンサーリンク

SEPTANIXの時計

スポンサーリンク

Canon Canola L1211の表示器で時計を作る

先日までの作業で表示器に自由に表示ができるようになったので、時計を作ってみたいと思います。

前回の作業に関してはこちらの記事をご覧ください。

プログラム

  1. 初期設定
  2. WiFiに接続
  3. NTPサーバに接続
  4. タスクを起動
  • 50msごとに現在時刻を表示表のデータバッファにセットするタスク
  • 表示器にデータバッファの値をダイナミック点灯するタスク
  • WiFi接続中に数字がスクロールするデータを生成するタスク

といった感じです。とてもシンプルなので説明は省略させていただきます。プログラム全体はこちらに置いておきます。

プログラムの3行目と4行目にはご自宅の無線LANのSSIDとパスワードを入力してからコンパイルしてください。

ESP32はネット系のライブラリが豊富なので、NTP時計が簡単に作れてしまいます。

回路図

Septanix Clock Schematic

先日までで紹介したドライバー回路とESP32をつないだだけの回路です。カレンダーと時間の表示の間にスペースを入れたかったので、7桁目は使っていません。

またDCDCコンバータはNIxieDCDCを利用しています。

スポンサーリンク

実行!

Septanixカレンダー時計

左5桁が月と日にちが表示されるカレンダーになっていて、右6桁が、時,分,秒を表示する時計になっています。

LEDやVDFとは違った雰囲気の表示器ですね。ついボーっつと眺めてしまいます。

2021.4.20 追加 温度計を追加しました。つづきはこちら

追加終わり

コメント

  1. Hello Friend!

    This is a great job, you are great!

    • Hi,
      Thank you.
      I am waiting to arrive a temperature sensor. When it is arrived, I will add thermometer function.