スポンサーリンク

ESP32の書き込み用にCH340Cを使った回路を作ってみました(成功)

スポンサーリンク

CH340C

先日作った回路はCH340Kがパソコンで認識できなかったので、CH340Cを使って回路を作ってみました。

先日の失敗回路の記事はこちらです。

スポンサーリンク

回路図

ESP32Writer

回路は先日とほぼ同じで、USBシリアル変換ICにはCH340Cを使い、トランジスタの代わりにMOS-FETを使っています。IC1つとMOS-FET2個、コンデンサ2個ととても簡単な回路です。

C2の1uFは、これがあるとプログラムの書き込み時に書き込みモードに入らないというエラーが起こりにくい気がします。

スポンサーリンク

はんだ付け

ユニバーサル基板にはんだ付けします。

程なくして回路完成です。

ESP32-DevKitCの書き込み回路と置き換えてみます。

スポンサーリンク

パソコンで認識するか?

 

CH340Kの時は、全く認識されなかったのですが、今回はすんなり認識しています。

Arduino IDEでも、今回作った回路のシリアルポートが選べるようになっています。

スポンサーリンク

プログラムの書き込み

書き込めました!!

書き込み回路にトランジスタではなくMOS-FETを使ったのですが、正常にリセット信号とBootモードの信号が出力され、ESP32の書き込みモードに入ることが確認できました。

ESP32-DevkitCに正常にプログラムが書き込まれました。

テストプログラムは、ニキシー管時計の時刻の分が更新される時に、時間が1秒間だけランダムに表示されるというギミックとなっています。

かわいい目覚まし時計の姿のニキシー管時計は、こちらで販売しています。
目覚まし時計風ニキシー管時計販売
スポンサーリンク

シンプルな書き込み回路ができました

CH340CとMOS-FET2個で、ESP32の書き込み回路ができました。

電池2,3本で動作するESP32-DevKitC互換機ができました👇👇!!
kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント