スポンサーリンク

Iphoneの液晶が割れてしまったので自力で交換してみました

スポンサーリンク

Iphoneの液晶パネルは、自力で交換すると費用が2000円くらいで修理できてしまいます。そこで自力で交換してみました。

スポンサーリンク

液晶パネルの購入

以前は、東京モバイルステーションのお店で、再生パネルを使った液晶を購入し修理したのですが、そのお店が閉店してしまいました。仕方がないので、別のところから再生パネルを購入しました。再生パネルについてや、以前の修理の詳細はこちらです。

再生液晶パネルと工具のセットで2000円程度です。

交換の方法は分解工房というサイトを参考にしました。

ネジの長さも書いてあって、親切です。

スポンサーリンク

修理開始

吸盤がつかない

ここが一番手こずりました。液晶パネルは、吸盤をくっつけて引っ張って外すのですが、液晶が割れていると吸盤がくっつかず、全然引っ張れません。

そこで、液晶パネルに幅広の透明テープを貼りました。

テープを貼ることで、ガラスの割れ目から吸盤に空気が入らくなるため、吸盤がしっかりくっつきます。

こうすることで、ようやく液晶が引き上げられ、やっとのことで液晶パネルが外れました。

部品の移植

以前は、インカメラやスピーカーモジュールなどが予め取り付けてあるパネルを購入したので、移植の作業は不要だったのですが、今回はパネルのみを購入したため、割れたパネルから全ての部品を移植をします。いろんな長さのネジがあるので、間違えないように注意が必要です。小さく繊細な部品ばかりなので、結構時間がかかりました。

仮組み

完全に元に戻す前に、液晶が映るか、インカメラは機能するか、スピーカーから音が出るか、ホームボタンは機能するか確認しました。無事にリンゴマークが表示され液晶が正しく動作しています。他の機能も正常でした。よかった〜。

液晶を閉める

全ての機能が正常だったので、最後に液晶を閉め、ネジを締めます。

スポンサーリンク

修理完了

痛々しかった液晶パネルが、ヒビのない綺麗な液晶に修理できました。だいたい2時間くらいかかってしまいました。

最後に保護シートを貼って修理完了です。

Iphoneは修理用の部品が結構売られていて、自力で安く修理が可能なところがいいですね。最近はバッテリーの持ちも悪いので、バッテリーも交換しようかな。

kohapepeをフォローする
iphone修理
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント