スポンサーリンク

VFD表示管IV-6を点灯させて見ました

スポンサーリンク

ウクライナのレトロ表示管愛好家の方と物々交換した、VFD表示管IV-6を点灯させて見ました。

物々交換の詳細はこちらです。

スポンサーリンク

IV-6の仕様

7セグメントとドットの表示ができる表示管です。データシートはロシア語でよくわからないので、Googleカメラで翻訳して見ました。

  • ヒーター電圧:1V
  • アノードセグメント電圧:25V
  • グリッド電圧:25V

ということがわかりました。

VFDの表示原理は、ノリタケ伊勢電子株式会社の図がわかりやすいです。

ピン配置の8,9番ピンが正面です。

  • 7,8番ピンがヒーター
  • 9番ピンがグリッド
  • 1-6,10,11がセグメント
  • 12はNC

です。

  • 7,8番ピンのヒーターに1V
  • 9番ピンのグリッドに25V
  • 1-6,10,11がセグメントに25V

とすることで、光らせられます。

スポンサーリンク

配線

ブレッドボードで実験ができるように、ジャンパーワイヤーを配線しました。

スポンサーリンク

電圧印加

ヒーターに1V、グリッドとセグメントに25Vを印加しました。

光りました!青白い綺麗な色です。

スポンサーリンク

ESP32で制御してみる

回路

VFDは電圧が25V程度なので、ニキシー管よりも手軽に制御できます。今回はドライバーICとして東芝のTBD62783を使い、ESP32のGPIOの3.3V出力を、25Vに変換します。

プログラム

ちょっと冗長ではありますが、以前作ったCanon Canola L1211の表示器の時計のプログラムを流用して作りました。

//                        a   b   c   d  e   f   g  dp
const int SEG_PIN[8] = { 22, 23, 16, 17, 5, 18, 19, 4 };
const int SEG_NUM = 8;

//                            a  b  c  d  e  f  g
const bool CHAR[18][7] =   { {1, 1, 1, 1, 1, 1, 0}, {0, 1, 1, 0, 0, 0, 0}, {1, 1, 0, 1, 1, 0, 1}, {1, 1, 1, 1, 0, 0, 1},
  {0, 1, 1, 0, 0, 1, 1}, {1, 0, 1, 1, 0, 1, 1}, {1, 0, 1, 1, 1, 1, 1}, {1, 1, 1, 0, 0, 0, 0},
  {1, 1, 1, 1, 1, 1, 1}, {1, 1, 1, 1, 0, 1, 1}, {1, 1, 1, 0, 1, 1, 1}, {0, 0, 1, 1, 1, 1, 1},
  {1, 0, 0, 1, 1, 1, 0}, {0, 1, 1, 1, 1, 0, 1}, {1, 0, 0, 1, 1, 1, 1}, {1, 0, 0, 0, 1, 1, 1},
  {0, 0, 0, 0, 0, 0, 0}, {0, 0, 0, 0, 0, 0, 1}
};

#define DIGITS 1
#define SEGMENTS 7
bool dispString[DIGITS][SEGMENTS];

void setup() {
  //initialize GPIO
  for ( int i = 0 ; i < SEG_NUM ; i++)
  {
    pinMode(SEG_PIN[i], OUTPUT);
    digitalWrite(SEG_PIN[i], LOW);
  }
}

void loop() {
  int i = 0;
  for ( int j = 0 ; j < 10 ; j++ )
  {
    char str[2];
    sprintf( str , "%01d" , j );
    setChar( str[0] , i );
    digitalWrite(SEG_PIN[0], dispString[i][0]);
    digitalWrite(SEG_PIN[1], dispString[i][1]);
    digitalWrite(SEG_PIN[2], dispString[i][2]);
    digitalWrite(SEG_PIN[3], dispString[i][3]);
    digitalWrite(SEG_PIN[4], dispString[i][4]);
    digitalWrite(SEG_PIN[5], dispString[i][5]);
    digitalWrite(SEG_PIN[6], dispString[i][6]);
    digitalWrite(SEG_PIN[7], 0);
    delay(300);
  }
}

/********* function *********/
//set charactor pattern at digit
void setChar( char charctor , int digit )
{
  int id = 0;
  switch ( charctor ) {
    case '0':  id = 0; break;
    case '1':  id = 1; break;
    case '2':  id = 2; break;
    case '3':  id = 3; break;
    case '4':  id = 4; break;
    case '5':  id = 5; break;
    case '6':  id = 6; break;
    case '7':  id = 7; break;
    case '8':  id = 8; break;
    case '9':  id = 9; break;
    case 'A':  id = 10; break;
    case 'B':  id = 11; break;
    case 'C':  id = 12; break;
    case 'D':  id = 13; break;
    case 'E':  id = 14; break;
    case 'F':  id = 15; break;
    case ' ':  id = 16; break;
    case '-':  id = 17; break;
    default:   id = 16; break;
  }
  dispString[digit][0] = CHAR[id][0];
  dispString[digit][1] = CHAR[id][1];
  dispString[digit][2] = CHAR[id][2];
  dispString[digit][3] = CHAR[id][3];
  dispString[digit][4] = CHAR[id][4];
  dispString[digit][5] = CHAR[id][5];
  dispString[digit][6] = CHAR[id][6];
}

電源ON!

数字が表示されました!

なかなかいいですね。

VFD管もニキシー管のように、管の中に構造物が入っていて魅力的ですね。

無事、VFDが点灯することができたので、時計作りを進めたいと思います。

2021.5.4 追加 つづきはこちらです。

追加終わり

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント