スポンサーリンク

VFD表示管IV-6とMM5316Nの時計を目覚まし時計風にしました

スポンサーリンク

先日作ったVFDの時計を目覚まし時計に内蔵して、目覚まし時計風の時計にしました。

前回の記事はこちらです。

スポンサーリンク

はんだ付け

ブレッドボードから、各モジュールを外し、円形の基板にはんだ付けします。

こちらが表面。

こちらが裏面です。USBで電源を供給するためにUSBコネクタがついています。

スポンサーリンク

塗装

つや消しブラックを基板を塗装します。これをしておくと、表示管がより際立ちます。まずは、マスキングテープで、表示管やコネクタをマスキングします。

スプレーで染めます。

塗装完了です。

スポンサーリンク

目覚まし時計に内蔵

目覚まし時計を分解します。

内側にリップルボードを貼り付けます。

基板を中に入れます。

裏蓋をします。

スポンサーリンク

完成!

目覚まし時計風VFD時計が完成しました!

USBをつないでみます。いいですね。

VFD管が立体的に見えて、かっこいいです。

暗いとよりVFDがいい感じを醸し出しています。

IV-6のVFD表示管を使って、目覚まし時計風の時計を作ってみました。

次は、違うVFD表示管を使ってみたいと思います。

つづきはこちら

IV-6蛍光表示管時計のキットができました!詳しくはこちら👇👇

2021.6.3 追加 つづき

追加終わり

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント