スポンサーリンク

透明で美しいVFD表示管IV-27Mを光らせてみました

スポンサーリンク

ウクライナのレトロ表示管愛好家の方と物々交換してもらった、IV-27Mを点灯させてみました。物々交換したVDFに関してはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

IV-27M

外観

IV-27Mは数字13桁のVFDです。マイナスやオーバーフローの表示の桁を合わせると14桁です。

管が透明で、裏が透けているのがとても素敵です。このVFDを光らせてみたいと思います。

ヒーターのピン

IV-27Mは、管の両サイドにピンが出ています。テスターで調べたところ、右側の4,5番ピンがヒータであることがわかりました。

ヒーターの電圧

IV-27Mのロシア語のデータシートをGoogleカメラを使って翻訳してみます。フィラメント電圧は3V程度、フィラメント電流は180mA程度ということがわかりました。

また、アノード電圧は24Vのようです。

安定化電源DPS605Uで電圧を上げていくと、ヒーターの電圧を3.3Vにした時に電流は150mA流れました。ヒーターはマイコンと同じ電圧の、3.3Vで駆動できますね。

スポンサーリンク

点灯!

ヒーター以外の線は全て24Vにつないで、電源を入れてみます。

点灯しました!

ヒーターを交流で駆動していないので、左側が明るく、右側が暗くなってしまっていますが、全てのセグメントが点灯しました。

とてもきれいです。

透明で、裏が透けて見えるのが、美しいですね。ダイナミック点灯していないので、結構明るいです。ニキシー管のオレンジの光もいいですが、VFDの青緑色もこれまた美しい色ですね。

次回は、ESP32で数字を表示してみたいと思います。

2021.5.12 追加 つづきはこちらです

追加終わり

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント