スポンサーリンク

ファンタム電源対応アンプ基板で単指向性マイクを作ってみました

スポンサーリンク

以前、ファンタム電源対応のマイクアンプ基板を作って、大音量対応マイクを作りました。今回は単指向性マイクを作ってみました。

スポンサーリンク

ファンタム電源対応マイクアンプ回路

ファンタム電源を使ったマイクアンプです。詳細はこちらをご覧ください。

このマイクアンプを使って、マイクに単指向性の物を取り付けて、単指向性のマイクを作りたいと思います。

マイクには、Aliexpressで買った、これを使っています。


Single-point Microphone Cartridge Capsule Head 16mm Silver High Quality

こちらが、組み立てたマイク基板です。基板はPCBWayで作ってもらいました。

このマイクにはFETが内蔵されていないので、マイクの後段に2SK596Cというマイク専用のFETをつないでいます。


30pcs 100% original new 2SK596C K596 TO-92S real photo
このFETも国内では入手ができないので、Aliexpressで購入しました。

このFETからノイズが入らないように、銅のメッシュをつけています。銅メッシュにはこれを使っています。

だいたい1mmピッチの金網でした。

正面から、横から、背面からと声を録音してみましたが、ちゃんと正面は大きく、裏はとても小さく録音され、単指向性マイクなことがわかりました。

ただ、ハムノイズがちょっと多い感じです。

スポンサーリンク

ケースに入れる

ケースの形状を、Blenderでモデリングします。

Curaでスライスして、3Dプリンタのデータに変換します。

3DプリンタAnycubic I3 Megaで印刷します。

この3Dプリンタは安価ですが、印刷性能はなかなかいいですよ。

マイクケースができました。

中をアルミテープでシールドします。

銀色の、レトロな感じのマイクになりました。

かなりハムノイズは低下しまいた。まだちょっとありますね。

スポンサーリンク

導電性テープをさらに貼る

導電性テープを基板やケースに貼り、さらにシールド効果を高めます。

これを使っています。テープなのに、両面が導通している不思議なテープになっています。

全てをGNDに接続します。

かなりハムノイズが抑えられました。金属の部分を手に持つと、全くハムノイズがなくなります。不思議ですね。

オーディオインタフェースには、ZOOM U-44 を使っています。

マイクは、なかなか奥が深いです。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント