スポンサーリンク

透明で美しいIV-27M蛍光表示管カレンダー時計キットのおすすめケースの加工方法

スポンサーリンク

IV-27M蛍光表示管カレンダー時計キットを、ケースに入れたいと思います。おすすめのケースとその加工方法をご紹介します。ケースはキットには含まれていないので、ご自身で別途ご購入ください。

ここでは、こちらのキットの作り方を紹介しています。
スポンサーリンク

ダイソーのケース

ダイソーコレクションボックス

おすすめのケースはこれです。ダイソーで売っている「コレクションボックス ミニ ワイドタイプ」です。

ダイソーで100円で売っています。

スポンサーリンク

ケースの加工

ケースの上蓋に、USBケーブルを通す穴を開けます。

左から4cm、下から5mmと10mmの2ヶ所に2mmのドリルで予備の穴を開けます。ケースが割れやすいので、力加減に注意して穴を開けてください。

開けた穴に、4mmのドリルで4mmの穴に拡張します。

ニッパーで、穴と穴とをつないでいきます。とても割れやすいので、一気に切るのでは無く、少しずつカットして行ってください。

穴がつながれば加工は完了です。

スポンサーリンク

基板を配置

メイン基板の背面に、厚手の両面テープを貼り、ケースの底板に貼り付けて固定します。薄い両面テープだと、USBケーブルのコネクタ部分が底板に当たってしまうので、厚みのある両面テープがおすすめです。

USBケーブルは先ほど加工した穴から、外に出します。

スポンサーリンク

ケースの完成

ケースに入ると、一段と素敵に見えるようになりました。

これで、ホコリがかぶることがなくなりました。

末長くご利用くださると嬉しいです。

ここでは、こちらのキットの作り方を紹介しています。

IV-27M蛍光表示管カレンダー時計キットの作り方はこちらです。