スポンサーリンク

レーザーカッターEtcherLeaserProで高演色照明のケースを作りました

スポンサーリンク

以前、PCBWayで作ってもらったアルミ基板にLEDを実装して、眩しい高演色照明を作りました。

今回は、これ用のケースを作って、照明を作りたいと思います。

スポンサーリンク

MDFをレーザーカッターでカット

裏蓋をカット

ファンの穴の開いた裏蓋からカットします。素材は4mm厚のMDFです。EtcherLeaserProは、素材をカメラで撮影し、素材のどこをカットするのかを指定することができます。これがとても便利で、廃材などでも狙ったところをカットできるので、素材を効率的に有効利用することができます。

レーザーカッタにはEtcherLeaserProを使っています。MFDからベニア、アクリルなど、ケースを作るのに必要な素材はカットが可能です。

レーザーでスイスイカットしていきます。

ファンとネジを使って固定します。

ねじ穴の位置ぴったりでした。

側面をカット

ケースの横の板をカットします。空気が箱の中に入るよう、スリットがあるので、加工時間はちょっと長めです。それでも5分でカットできてしまいます。

EtcherLeaserProでカットします。

カット完了です。クッキーみたいでちょっと美味しそうに見えてしまいます。

バッチリ組み立てられました。

蓋のカット

最後に、2mmの半透明のアクリルの板をカットします。

EtcherLeaserProではアクリルも簡単にカットできます。

これまで作ってきたケースに、かぶせます。

ピッタリです。綺麗に組み立てられました。レーザーカッターで素材を綺麗にカットでき、そして綺麗に組み上がりました。

スポンサーリンク

完成

12Vの電源を供給すると、LEDが光って放熱用のファンが回転します。高演色LEDなのでとても綺麗です。

EtcherLeaserProのおかげて、とても綺麗な照明が完成しました。

スポンサーリンク

内側にアルミテープを貼りました

光が無駄にならないように、ケースの内側にアルミテープを貼りました。

光量がアップしました。

レーザーカッターはとても便利です。

kohapepeをフォローする
レーザーカッター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント