スポンサーリンク

MAX10FPGAでNTSCの映像信号を生成してみました

スポンサーリンク

MAX10FPGAに抵抗のDA変換回路を接続して、NTSC信号を生成してみました。

スポンサーリンク

構成

10M02 MAX10 FPGAボードを使っています。

ここで紹介した10M02 MAX10FPGAボードはこちら👇👇で販売しています。

このボードの拡張コネクタに、ラダー抵抗を使ったDA変換回路を接続し、その結果をビデオアンプを経由して、ビデオキャプチャしています。

スポンサーリンク

コード

今回は、同期やカラーバーストなどのタイミングを生成するモジュールを作りました。

このモジュールにPLLで作った14.31818 MHzを入れると、必要なタイミングが生成されます。

色は、I相とQ相の角度を指定してカラーサブキャリアを生成して、16色出せるようにしました。

10M02で今のところ5%しかリソースを消費していません。

スポンサーリンク

カラーバーが表示できました

タイミングはNTSCに準拠しています。

FPGAを使ってNTSC信号を生成し、綺麗にカラーバーが表示できるようになりました。

ここで紹介した10M02 MAX10FPGAボードはこちら👇👇で販売しています。
kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント