スポンサーリンク
Translate

1970年代の卓上計算機Canon Canola L1211を修理してみましたが...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Canon Canola L1211

1970年代、日本は電卓の性能と価格で各企業が競って開発を行っていました。表示器にニキシー管が使われていた時代から、蛍光表示管が開発されるまでの1,2年の間だけ生産された、オレンジ色の表示器が特徴のCanola L1211です。

かなり古い機種だけあって、表示はできますが、まともに計算ができません。

電源を入れるとランダムな数字が表示されます。

クリアボタンを押すと、000000000と表示されて、キーの入力を受け付けません。計算用のICが暴走しているようです。

スポンサーリンク

中を見てみる

こちらが、Canola1211の内部です。左側がメイン基板、右側がキーボードです。

見たところ、寿命がありそうな部品は電解コンデンサーくらいのようです。

右手前側に3つ。

左手前側に3つ。

電源と思われる左奥のところに4つです。

秋月電子で、容量は同じで、耐圧が元よりも高く、耐熱性能が105度のコンデンサーを購入しました。

スポンサーリンク

手前側のコンデンサーの交換開始

まずは、電源側ではなく、手前側のコンデンサを交換してみることにします。

10uF 25V

25Vがなかったので50Vを使います。

0.47uF 50V

電解コンデンサがなかったので、セラミックコンデンサに交換します。セラミックでこの容量を実現できるなんて、昔からしたら物凄い進歩でしょうね。

4.7uF 25V

105度品がなかったので、200Vとちょっと高い電圧のコンデンサになってしまいました。

交換した結果

こちらが交換した後の手前右側の様子です。今風のコンデンサに交換されました。

こちらが、手前左側の様子です。

電源を入れてみる

試しに、この交換だけで電源を入れてみます。

症状変わらずでした。0000000となってしまいます。手前側の電解コンデンサは、正常だったのかもしれません。

スポンサーリンク

電源側のコンデンサの交換

この左奥の電源と思われる、電解コンデンサを交換してみます。

470uF 35V

このコンデンサは接着剤で固定されていました。

同容量、同耐圧ですが、かなり小型化されています。

4.7uF 160V

同容量で400V耐圧の物に交換します。

4.7uF 250V

こちらも、同容量で400V耐圧の物に交換します。

交換できました

全体的に、コンデンサが小さくなりました。

スポンサーリンク

直ったかな?

スイッチオン!おおおおお。キー入力を受け付けてくれます。数字が入力でき、計算もできます。

これは、直ったかな?

しかし、1分程操作していると、暴走してしまいます。うーん。なんでしょうね。

スポンサーリンク

電解コンデンサは正常

古い電解コンデンサが容量抜けしていないか、テスターで全てチェックしましたが、全て規程の容量以上ありました。

電解コンデンサが劣化しているというわけではなかったようです。

暴走の原因はわかりませんでした。