スポンサーリンク

AliExpressの12pin RGBWYV パワーLEDを使ってみる

スポンサーリンク

どうもkohaniiです。

AliExpressで不思議なLEDを買いました。

18W RGBWYV High Power LED Chipです。
カラフルなステージライトなどに使われる事を想定しているようです。


5個入り$10.20でした。

6色のLEDが1つの部品に内蔵されていて、全て点灯させると18Wだそうです。

スポンサーリンク

ピン配置

内部には、黄色紫色(紫外線)、白色赤色緑色青色の6色のLEDが詰まっています。
各色に流せる電流は500mAまでです。

アノード側もカソード側も、コモン端子にはなっていなくて、6色のLEDの端子がそのまま出ている形です。

LEDには1番ピンを示す印は見当たらなかったので、実際に電源をつないで調べました。

裏面は一般的なパワーLEDと同じです。

スポンサーリンク

光らせてみる

ブレッドボードで使いやすくするために、両面ユニバーサル基板にはんだ付けしました。

LEDのピンが1.4mmピッチと特殊だったので、アノード端子の下にポリイミドテープを貼って、はんだメッキ線で強引にピッチを変換しました。

LEDの端子はカソードコモンにして、ピンの数を減らしました。

これをブレッドボードにさして光らせてみました。
各色の発光する電圧はまちまちなので、5Vの電源に10Ωの抵抗を直列に入れています。

全ての写真は、明るさを同じにして撮影しています。

黄色(肉眼で見るともっと黄色いです)

紫色(電流が足りていないのか暗いです)

白色(かなり綺麗な白色です)

赤色(かなり明るいです)

緑色(これもかなり明るいです)

青色(これまたかなり明るいです)

全ての色を、発光部を時計回り順に表示するgifにしてみました。

白色以外は蛍光体を使っていないので、かなり純度の高い色に見えます。

ただし、全ての色を均等な明るさに光らせるためには、
定電流LEDドライバーを使ったり、PWMで明るさを調節したりする必要がありそうです。

まあそこまで明るく光らせなければ、各色に適当な抵抗を入れて、
スイッチを繋げるだけで様々な色が出せて簡単に使えそうです。

おわり

 

kohanii
kohaniiをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント