スポンサーリンク

ファミコン2コントローラUSB化基板を少しだけ生産しました

スポンサーリンク

先日のテストで、2コンマイクコントローラが正常に動作することがわかったので、少しだけ生産しました。

先日の組み立てとテストの様子はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

はんだを印刷

ダンボールに基板を置きます。

ステンシルを載せて、予め開けておいた穴に画鋲を挿します。

画鋲を刺すことで、基板とステンシルの位置がぴったりと合います。この基板とステンシルに穴を開けるデータの作り方はこちらをご覧ください。

はんだペーストを奥側に載せます。私は低温で溶ける低融点の鉛フリーのはんだペーストを使っています。

低温(135度)で溶けるので、普通のオーブンでも簡単に鉛フリーのはんだのリフローでできます。

会員証やクレジットカードなどのプラスチックでできたカードで、はんだを手前に引き寄せて、印刷していきます。

画鋲のおかげで、完璧な位置にはんだペーストが印刷できました。

スポンサーリンク

部品の実装

部品の実装には、部品を吸着することができる、電動バキュームピック 吸着ピンセット HAKKO394を使っています。上の写真のようにICを吸着したり

チップ部品を吸着させたりすることができます。

ピンセットよりも効率よく、遥かに高速に部品の実装ができます。少し高いですが、実装を多くこなしている方にはおすすめの工具です。

ノズルは純正がちょっと高いので、安い👇👇を使っています。

kohacraftのshop
バキュームピック用ノズル2種類セット 580円(税込) HAKKO 394 バキュームピックに接続して使えるノズルです。ノズルが曲がっているので、実装がしやすくなっています。 2種類のノズルサイズのセットとなっています。 🔹水色ノズル・入数  3個・外径0.63mm、内径0.33mm ・主に0603(1608M)サイズ...

ノズルが短く、純正よりも使いやすいです。

スポンサーリンク

リフロー

オーブンには、熱風で庫内を加熱できるコンベクションオーブン テスコムTSF601を使っています。

つまみよりも、庫内の温度が低めになることが多いので、庫内に温度センサを取り付けて、温度計で温度をモニターしています。

TS391LT50 温度プロファイル

これが、はんだペーストの温度プロファイルです。こんな感じになるように、設定温度のつまみを調節して、庫内の温度を変化させていきます。

リフローが終わったら、扇風機で冷却し、基板を冷まします。

スポンサーリンク

部品のはんだ付け

 

マイクとUSBケーブルをはんだ付けして、基板の完成です。

スポンサーリンク

ファームウェアの書き込み

AVRISPでファームウェアを書き込んでいきます。

私は、書き込み用のコネクタを取り付けることはせずに、パッドにテストピンを押し当てて書き込んでいます。

テストピンには以下の部品を使っています。

このテストピンを、このレセクタプルに刺してから、

AVRISPのコネクタに差し込みます。

avrdudeでファームウェアを書き込みます。

書き込みが完了すると、音に反応してコントローラのLEDが光るようになります。テストOKです。

スポンサーリンク

完成!

ファミコン2コンのコントローラUSB化基板の生産完了です。

ファミコンコントローラのUSB化キットはこちら👇👇👇で販売しています。

FCPad販売