スポンサーリンク

やっと部品が揃ったので目覚まし時計風ニキシー管時計キットを少しだけ生産しました

スポンサーリンク

製造が終了しているのか、なかなか入手ができなかったGPSモジュールがやっと入手でき、全ての部品が揃ったので、GPS目覚まし時計風ニキシー管時計キットの準備をしました。

スポンサーリンク

基板の準備

基板に表面実装部品を実装をして、ほぼ完成状態の基板にします。

はんだペーストの印刷

ダンボールの上に基板を載せます。

ステンシルを上にのせて、予め開けておいた穴に画鋲をさし、基板とステンシルの位置合わせをします。

画鋲を使うことで、基板とステンシルの位置がぴったりと合い、はんだペーストの印刷中にずれることもないので、とてもおすすめな方法です。この穴の開け方は、こちらの記事を参考にしてください。

はんだペーストを奥側に置きます。私は低温で溶ける低融点鉛フリーはんだペーストを使っています。

138度で溶けるので、普通のオーブンでも簡単に鉛フリーはんだのリフローができてしまいます。

会員カードやクレジットカードなどで、はんだペーストを手前に引き寄せながら印刷します。

画鋲で位置合わせをしているので、正確な位置に綺麗にはんだペーストが印刷できました。

部品の実装

部品の実装にはピンセットがよく使われますが、私は掃除機のように空気で部品を吸着する、電動バキュームピック 吸着ピンセット HAKKO394を使っています。

上の写真のように、大きな部品から小さな部品まで、ノズルを交換することで吸着することができます。

特に便利な点が、テープから直接部品を吸着することで、常に同じ向きに部品を吸着することができる点です。写真のようにトランジスタをテープから吸着すると、毎回同じ向きで吸着できます。

基板上のトランジスタの向きを合わせておくことで、手早く実装ができます。同様にダイオードでも常に同じ向きに吸着できるので、実装がとても捗ります。

電動バキュームピック 吸着ピンセットのおかげで、スムーズに部品の実装ができました。

リフロー

私は、熱風で庫内を加熱するコンベクションオーブン テスコムTSF601を使っています。

この機種は、加熱の途中でも温度を変更できるので、はんだペーストの温度プロファイルに沿って庫内の温度を変化させることができます。

TS391LT50 温度プロファイル

このカーブが、使っているはんだペーストの温度プロファイルとなります。庫内の温度は、設定温度よりも低くなることが多いので、庫内に温度計をセットしています。

この温度計を見ながら、設定温度を加減して、温度プロファイルに合うようにしています。

5分ほどでリフローが完了です。扇風機で熱を冷まします。

基板の完成!!

テスターで導通チェックをし、基板の完成です。

スポンサーリンク

部品の準備

付属する部品をチャック袋に入れます。

スポンサーリンク

キットの完成

GPS目覚まし時計風ニキシー管時計キットの完成です。

GPS目覚まし時計風ニキシー管時計キットはこちら👇👇👇で販売しています。

とってもかわいい目覚まし時計風のニキシー管時計が完成しました☺️
こちら👇👇で販売しています。
目覚まし時計風ニキシー管時計販売