スポンサーリンク

在庫が減ってしまったのでファミコンコントローラのUSB化キットを少し生産しました

スポンサーリンク

ファミコンの本物のコントローラを、パソコンやレトロフリークで遊べるようにUSB化するキットの在庫がどんどん減っているので、少しだけ生産しました。

スポンサーリンク

はんだペーストの印刷

基板をダンボールの上に置きます。基板やステンシルはいつものPCBWayに作ってもらいました。

はんだペーストの版となるステンシルを上にのせて、予め開けておいた穴に画鋲をさして、基板とステンシルを固定します。

この穴のデータを作り方は、こちらを参考にしてください。

はんだペーストを奥側に載せます。私は鉛フリーの低融点はんだペーストを使っています。低融点を選択することで、家庭用のオーブンでも簡単に鉛フリーのリフローをすることができます。

不要になったクレジットカードなどで、はんだペーストを手前に引き寄せながら、はんだを印刷していきます。

ステンシルと基板とを、画鋲で固定する仕組みのおかげで、完璧な位置にはんだが綺麗に印刷できました。

スポンサーリンク

部品の実装

部品の実装には、ピンセットではなく空気で部品を吸着する、電動バキュームピック 吸着ピンセット HAKKO394を使っています。

テープから直接部品を吸着し

パッドの場所で部品を離します。ピンセットよりも簡単に素早く部品を実装することができるので、たくさん部品を実装する方にはとてもおすすめの工具です。

ノズルを交換することで、チップ部品からICまで、ほぼなんでも吸着して実装することができます。

電動バキュームピック 吸着ピンセット HAKKO394のおかげで、あっという間に実装が完了しました。

スポンサーリンク

リフロー

熱風で庫内を加熱するコンベクションオーブン テスコムTSF601でリフローします。

庫内の温度が、つまみの設定と多少異なるために、熱電対温度計を庫内にセットしています。

この温度計を見ながら、下のようなはんだペーストの温度プロファイルに合うように、庫内の温度を調整します。

TS391LT50 温度プロファイル

5,6分でリフローが完了しました。扇風機で冷却します。

リフローが完了しました。

スポンサーリンク

ケーブルのはんだ付け

USBケーブルをはんだ付けします。

これで、基板の完成です。

スポンサーリンク

ファームウェアの書き込み

AVRISPを使って、マイコンにゲームパッドのファームウェアを書き込みます。私はコネクタを使わずに、テストピンを押し当ててファームウェアを書き込んでいます。こうすることで、基板にコネクタを実装する手間が省けます。

AVRISPのJTAGの端子に、テストピンを差し込んで使っています。

このテストピンは中にバネが入っていて、先端がダンパーのように縮むことで、安定してターゲットと接触することができます。

テストピンにはP75-E2という物を使っています。

このテストピンに、P75-3Wというプローブを

差し込んで使います。

avrdudeでファームウェアを書き込みます。

スポンサーリンク

完成!

ファームウェアを書き込んで、パソコンに正常に認識されることを確認して、ファミコンコントローラUSB化キットの完成です。今回は在庫がなくなりそうなIコンを生産しました。

ファミコンコントローラのUSB化キットはこちら👇👇👇で販売しています。

FCPad販売