スポンサーリンク

EtcherLaserProでキーホルダーを作って小さなUSBメモリに取り付けました

スポンサーリンク

レーザー加工機EtcherLaserProで、USBメモリに取り付けるキーホルダーを作りました。

これが小さなUSBメモリです。1cm角くらいしかありません。これを無くしにくいように、これに取り付けるキーホルダーを作りたいと思います。

スポンサーリンク

イラストレータでデータ作成

PhotoShopで写真を加工します。

まずはエッジの抽出を行います。

これとは別に、グレースケールを網点で表現して濃淡をつけるデータを作ります。

イラストレータでデータを読み込みます。PhotoShopで抽出したエッジデータをベクトルデータに変換します。網点のデータはラスターデータとし、カットするための外形線(赤)も追加します。

これらをSVGデータで保存します。

スポンサーリンク

SmartDIYsCreator

SmartDIYsCreatorにイラストレータで作ったSVGデータを読み込みます。

素材は4mmのベニアです。

外形のカットを

スピード:600mm/min
パワー:100%

輪郭や網点の彫刻を

スピード:5000mm/min
パワー:30%

に設定しました。

EcherLaserProの便利なところは、カメラがついていて、好きなところをカットすることができることです。

キーホルダーは小さいので、カット済みの板の空いたスペースでも十分です。カメラがあるので、上の写真のように、素材の空いたスペース(黄色のマスキングテープが貼ってあるところ )を狙って加工することができます。

スポンサーリンク

EcherLaserProで加工

SmartDIYsCreatorのSTARTをクリックすると加工が開始されます。

加工時の熱で、未加工の部分が焦げないように、マスキングテープを貼りました。

幅の広いマスキングテープがあると、こういう時に便利ですよ。

約6分程度で、加工が完了。

エタノールを含ませたキムワイプで、表面を擦ってマスキングテープを剥がします。

スポンサーリンク

完成!

キーホルダーが完成しました。結構、細かい網点も綺麗に再現できています。Etcher Laser Proすごいです。

1cmくらいの小さなUSBメモリに、作ったキーホルダーを取り付けます。

これで、無くしにくくなるでしょう。