スポンサーリンク

レーザーカッター用素材のポリエチレンフォームラバーとエコラバーでハンコを作ってみた

スポンサーリンク

レーザーカッターでゴムを加工すると悪臭が激しいので、レーザーカッター用の素材を使用します。今回はタイヨートマー社のポリエチレンフォームラバーとエコラバーの加工パラメータを見つけて、ハンコを作り2種類を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

データ

お試しのデータはこれです。「あ」のハンコを作ります。直径9.5mmの円の中に「あ」の文字を入れました。円の縁の幅は0.3mmです。10mm四方の正方形にカットします。

スポンサーリンク

ポリエチレンフォームラバー

白い固めのポリウレタンのような柔らかい素材です。2.8mmの物を楽天で購入しました。

30WのCO2レーザー加工機 EtcherLaserProで彫刻のパラメータを見つけていきます。速度が結構速くてもサクサク加工できる感じです。煙は出ません。匂いもありません。いい素材ですね。

彫刻

ハッチングは細かいほど鮮明に彫刻されます。一番左は0.2mmピッチ。一番右は0.05mmピッチ、速度は20000mm/minです。

歯ブラシで加工時に出た粒子を払うと、綺麗な加工面が現れます。

カット

800mm/minでカットできました。

加工パラーメータ

ポリエチレンフォームラバーの加工パラメータは

彫刻
・パワー:100%
・スピード:20000 mm/min
・ハッチング:0.05mm
カット
・パワー:100%
・スピード:800 mm/min

となりました。

スポンサーリンク

エコラバー

エコラバーは、まさにゴムのような素材です。2.8mmの物を楽天で購入しました。

彫刻

先ほどと同じくハッチングは0.05mmで行いました。スピードは10000 mm/minでいい感じです。

煙が木材ほどではないですが少し出ます。臭いは、ゴムっぽい臭いが少しだけしまいた。

カット

カットは400 mm/minで切れました。

加工パラメータ

エコラバーの加工パラメータは

彫刻
・パワー:100%
・スピード:10000 mm/min
・ハッチング:0.05mm
カット
・パワー:100%
・スピード:400 mm/min

となりました。スピードがポリエチレンフォームラバーの半分なので、加工には2倍の時間がかかるということですね。

スポンサーリンク

ハンコを作る

木材に取り付け

左がポリエチレンフォームラバー、右がエコラバーです。

加工した素材を、カットした角材に両面テープで貼り付けます。両面テープには超強力な3Mの粗面資材用の両面テープを使いました。

のこぎりでカットした面にもぴったりくっつきました。

捺印してみる

まずはポリエチレンフォームラバーから、試してみましょう。

インクをつけます。

どうでしょうか。

素材が柔らかいので、力を入れると凸の部分が潰れている感覚があります。優しく押した方がいいのかもしれません。

「あ」の周囲の円が真円になっていませんね。円とカットのラインが近すぎて、円が溶けてしまったようです。凸の部分からカットのラインは1mm以上離した方が良さそうです。

でも「あ」のハンコができました。結構嬉しいです。

次にエコラバーを試してみましょう。

どうでしょうか。

ポリエチレンフォームラバーと違って、まさにゴム印を押している感覚です。力加減が適当でも綺麗に押せそうな気がします。先程のポリエチレンフォームラバーよりも、文字の輪郭がくっきりしています。

こちらも円が歪んでしまっていますね。凸の部分とカットのラインは離した方が良いです。

スポンサーリンク

ハンコができたよ

比較してみると、こんな感じです。左がポリエチレンフォームラバー、右がエコラバーです。ポリエチレンフォームラバー「あ」の方が輪郭がにじんでいます。

陰影を綺麗にしたいのであればエコラバー、加工を2倍速く済ませたいならばポリエチレンフォームラバーという使い分けでしょうか。ポリエチレンフォームラバーとエコラバーを比較してみした。

加工パラメータがわかったので、レーザーカッター EtcherLaserProでどんどんハンコを作りたいと思います。