スポンサーリンク
Translate

赤外線リモコンの信号を音に変換して聴く装置を作ってみました

スポンサーリンク

赤外線リモコンの信号を音で聞きたくて、音に変換する装置を作ってみました。

スポンサーリンク

回路図

赤外線リモコンの光は38kHzや40kHzで変調されているため、音として聴くことができません。そこで、赤外線リモコンのレシーバーの信号をATTinyマイコンで取り込み、信号がある時のみ音を出すようにプログラムしました。音の信号はトランジスタで増幅し、スピーカーを鳴らします。

またパソコンなどで録音できるように、ヘッドホン出力を用意しました。

スポンサーリンク

プログラム

#include <avr/io.h>
int main(void)
{
    DDRB = 1 << 0;//PB0を出力に設定
	
	TCCR0A = 0;
	TCCR0B = 0;
	
	TCCR0A |= (1 << COM0A0);//比較一致でOC0Bピン(PB0) トグル(交互)出力
	TCCR0A |= (1 << WGM01);//比較一致タイマ/カウンタ解除(CTC)動作
	TCCR0B |= (1 << CS00);//clkI/O (前置分周なし)
	
	OCR0A = 255;
    while (1) 
    {
		if((PINB & (1 << 4)) == 0) {
			OCR0A = 255;
		} else {
			OCR0A = 0;
		}
    }
}

タイマーで音の周波数を作っています。とてもシンプルなプログラムなのでATTiny13Aでも動作します。

スポンサーリンク

実験

装置の裏側にスピーカーが付いています。

パソコンにつないで、リモコンの信号をパソコンに録音してみます。

赤外線リモコンの信号が、音として録音できました。