スポンサーリンク
Translate

人感センサSR602と太陽電池、スーパーキャパシタで半永久人感センサライトを作ってみました

スポンサーリンク

以前買ってみた人感センサSR602と太陽電池を使って人感センサライトを作ってみました。

省電力の人感センサについてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

回路

回路はシンプルです。太陽電池のエネルギーをスーパーキャパシタに充電します。充電されたエネルギーをDCDCコンバーターを使って9Vに昇圧しLEDを点灯させます。

DCDCコンバーターのEnableピンに、人感センサの出力を接続することで、人感センサが反応した時だけDCDCコンバータが動作しLEDが点灯します。

DCDCコンバータは、光センサー付きのDCDCコンバータの光センサを取り外して利用しました。

kohacraftのshop
光センサー付きDCDCコンバータ 800円(税込) 「はじめての太陽電池実験セット ナイトライトをつくろう」セットに入っているセンサー付きDCDCコンバータです。暗くなるとDCDCコンバータが動作を開始し、9Vを出力します。 DCDCコンバーターの動作電圧は約2Vなので、その電圧までバッテリが低下するまで9Vが得られま...
スポンサーリンク

ブレッドボードに組み立て

ブレッドボードに組み立てました。

センサの近くで手を動かすと反応してLEDが点灯します。

スポンサーリンク

一体化

太陽電池に、センサやLEDを取り付けました。

背面にはブレッドボードを貼り付けてあります。

スポンサーリンク

階段に設置

階段の踊り場に設置してみました。人が近づくとLEDが光ります。踊り場はちょっと暗いですが、太陽電池が少しずつ発電しているようです。

太陽電池で、半永久的に動作する人感センサライトができました。

太陽電池で遊びたい方には、このキットがおすすめです。

kohacraftのshop
太陽電池で遊ぼう。昼間充電して暗くなったら光るライトが作れちゃいます。プラモデル感覚で簡単に組み立て遊べます。対象年齢9歳以上。わからないことはメールでしっかりサポート。絶対完成できます。

太陽電池で発電する、夜になったら勝手に光るガーデンライトの実験ができちゃいます。