スポンサーリンク
Translate

フィラメントLEDからネオン管ニキシー管キセノン管まで点灯できるHigh Voltage DCDCを設計しました

スポンサーリンク

これまで何度が作ってきましたが、やっと満足のいく特性が出るようになりました。そこで、基板化してJLCPCBに基板を発注したいと思います。

一つ前のHigh Voltage DCDCの製作記事はこちらです。

スポンサーリンク

KiCadで設計

DCDCの制御ICと入力のコンデンサが変更になりました。あまり大きな変更でなないので、前回のパターンをちょこっと変更するだけで、作業が完了しました。

できた基板を10枚面付けします。こうすることで、部品を実装する時に10枚同時に作ることができるのでとても効率的です。

基板の四隅には、ステンシルと基板の位置合わせのための、穴が空いています。このステンシルと基板との位置合わせの方法について、詳しくはこちらの記事にまとめてあります。

スポンサーリンク

JLCPCBへ発注

JLCPCBのページで、基板のパラメータを設定していきます。

今回の基板は、面付け基板で、5x2枚面付けしたデータなので、

Delovery Format:Panel by Customer
Panel Format:Column 5 Row 2

と変更します。

基板の色はブラックにしました。JLCPCBのブラックはちょっとつや消しのかっこいいブラックです。

基板のメッキは、金メッキとしたいので

Surface Finish:ENIG

にました。

今回の基板は端面スルーホルが2つの辺にあるので

Castellated Holes: Yes Edges:2

となっています。

ガーバーファイルをアップロードします。するとアップロードした基板が表示されます。

ステンシルも一緒に注文します。ステンシルは何も指定しないと380mmx280mmというとても大きな板が届いてしまって、収納場所に困る邪ので、カットしてもらいます。

Customized size:Yes   Customized size 150mm x 150mm

とします。

ステンシルには基板の表面のパターンのマスクを作ってもらいたいので、

Stencil Side:Top

とします。

ステンシルと基板との位置合わせのための穴を開けたいので、

Fiducials:Etched Through

にします。

以上で設定は完了。[SAVE TO CART]をクリックしてカートに入れます。

[Secur Checkout]をクリックして、注文に進みます。

住所を選択します。[Continue]をクリック。

発送方法を選択し[Continue]をクリック。

支払いに進むか、データのチェックを先にしてもらうか選びます。パラメータの設定ミスや、複雑さのために料金が、後から変更になることがあるので、先に支払いをせずに、データのチェックを先にしてもらうことをお勧めします。

下の Review Before Payment を選択し、[Continue]をクリック。

この画面に切り替わり、基板のデータチェック(レビュー)が始まります。

全てのデータが「Approved」になれば、データのチェックが完了です。今回の基板のデータチェックにはデータのチェックに2時間ほどかかりました。データチェックは気長に待つ必要があります。

金額も$73.9から$72に変化しました。何が変わったのかは、わからないですが、支払いよりも先にデータチェックをしてもらう、今回の手順のほうが安心ですね。

あとは、支払いをすれば発注完了です。[Pay]をクリックします。

クレジットカードの番号を入力し、クーポンがあれば選択しておきます。最後に「Pay」をクリックします。

これで注文が完了し製造が開始されました。

届いたら、組み立たいと思います。