スポンサーリンク
Translate

Apple Magic Mouse 2 のクリック音を静音化改造しました

スポンサーリンク

Apple Magic Mouse 2のスイッチを静音スイッチに交換して、クリック音を静音化しました。

静音化の詳細な手順はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

分解

新品のMagic Mouse 2を改造します。

箱を開封します。

スパッジャーを使って、内部4カ所にある爪を解除し、天板と底板とを分離します。

天板と底板とは、薄いフィルムケーブルで繋がっているので、大きく開けてはいけません。少しずらすだけにします。

トルクスネジを外します。

スイッチのついた基板が外れました。

スポンサーリンク

スイッチの交換

この基板からスイッチを取り外します。この基板、とても放熱性が高くどんどん熱が逃げてしまうため、はんだ吸い取り線ではんだを除去するのがほぼ不可能です。

このため、違う方法で取り外します。

超低温で溶ける、超低融点はんだをはんだ付けします。

多少はんだが冷えても、溶けた状態を維持してくれるので、はんだごてで3つのピンを順番に加熱していくと、3ピンともはんだが溶けた状態になります。

スルッとスイッチが取り外せます。

はんだ吸い取り線で、基板についたはんだを全て除去します。

はんだは除去できましたが、フラックスが大量に残っています。Magic Mouseは低消費電力で動作させるためか、微量の電流変化でスイッチのON,OFFを判断しているようです。そのためフラックスが大量に残っていると、スイッチがONになっていると誤って判断してしまうことがあります。そのため、フラックスクリーナーでフラックスを除去します。

フラックを除去して、綺麗な基板になりました。

静音スイッチ、Kailh ミュートスイッチに交換します。

スイッチをはんだ付けします。スイッチのリードが基板から飛び出さないように、リードを最短でカットします。この基板のすぐ下には、アルミ製の底板があり、リードが少しでも長いと底板に接触してしまいます。底板にリードが接触してしまうと、スイッチがONになっていると誤認されてしまいます。

はんだ付けが終わったら、絶縁のためにポリイミドテープを貼ります。

スポンサーリンク

組み立て

分解と逆の手順で戻していきます。スイッチの基板を元の位置に戻して、ねじ止めします。

天板を取り付けます。爪が折れないように気をつけて取り付けます。

スポンサーリンク

動作チェック

Mac Book ProにMagic Mouseを接続して動作を確認します。

クリックやジェスチャーが正常に行われるかチェックします。

静音化改造すると、こんなに静かになります。

スポンサーリンク

改造完了

全て、正常に動作することが確認できました。

箱に戻して作業完了です。

新品の静音化改造されたMagic Mouseはこちら👇👇👇で販売しています。

kohacraftのshop
Apple Magic Mouse クリック音静音化改造代行or改造品 3,800円(税込)から Apple Magic Mouse(電池式のタイプ)またはMagic Mouse 2(充電式のタイプ)の静音化改造の代行を致します。お客様のMagic Mouseを送っていただき、こちらで改造しご返送します。作業日数は1,...