スポンサーリンク
Translate

PCBWayから基板が届いたのでPAM8406デジタルパワーアンプを組み立てました

スポンサーリンク

PCBWayに発注していた、PAM8406デジタルパワーアンプ基板が届いたので、早速組み立ててみたいと思います。

回路図や基板の発注に関する記事は、こちら👇👇👇になります。

スポンサーリンク

基板が届く

10月6日にPCBWayに基板を発注し、13日には東京の自宅に届きました。発注してたった7日で基板が到着してしまいました。PCBWayはとにかく仕事が速いです。

スポンサーリンク

組み立て

PAM8406だけ表面実装なので難しいですが、あとはDIP部品なので簡単です。部品点数も少ないのであっという間に組み立て完了。基板もとても小型です。

スピーカの位置によって、左右の音量を個別に変えられるように、ボリウムは左右独立させました。

スポンサーリンク

試聴

スピーカーにつないで、音楽を聞いてみます。

低音が強かったり、高音が弱かったりというような癖がなく、低音から高音までフラットで、帯域が広く伸びている感じがします。癖がないので、とても気に入りました。

消費電流は10mA程度。音がなくてもあっても大きく変化はしませんでした。結構、消費低電力なのではないでしょうか。

ポップノイズもとても小さいです。頻繁に電源をON,OFFするとポップノイズが出てしまいますが、OFFしてしばらくしてからONすれば、ポップノイズは小さくポッとなるだけです。PAM8403よりも断然使いやすいパワーアンプICです。

スポンサーリンク

🎀読者プレゼント🎁

Thank you!

いつもkohacraftのblogを読んでいただいて、ありがとうございます。今回製作したPAM8406デジタルパワーアンプ基板と部品をセットにして、先着4名の方にプレゼントいたします。

2021.10.17 追加

4名の方にキットを発送いたしました。お届けまで今しばらくお待ちください。

追加終わり

以下のgoogleフォームよりご応募ください。フォームが表示されない方は、こちらよりご応募ください。

応募されるとthankyou[@]kohacraft.comより、入力されたメールアドレスへ確認のメールが送信されます。届かない場合や、入力に誤りがあった場合には、上記のメールアドレスへご連絡ください。

入力された個人情報は、プレゼントの発送とサポートにのみ利用し、発送後1ヶ月で消去されます。

キットの組み立て方

基板に値が書いてあるので、その部品をはんだ付けしてください。背の低い部品からはんだ付けすると、はんだ付けがしやすいですよ。お届けする部品は、上記の写真と異なる物のございます。

ICと100uFの電解コンデンサだけ極性があります。
・IC:基板の左上が1番ピン(●の刻印のあるピン)
・100uF:基板の左がマイナス(紫の帯のあるピン)
他の部品は極性はありません。
・抵抗1kΩ:赤黒茶金の帯
・セラミックコンデンサ1uF:黄色の本体に105と表記
・フィルムコンデンサ4.7nF:銀色の本体に472と表記
・無極性電解コンデンサ:緑色の本体に1uFと表記

電池ボックスの赤い線を VIN+に、黒い線をVIN-にはんだ付けしてください。

最後に、SPK RとSPK Lにスピーカを配線し完成です。

ヘッドホンジャックが音声入力になっています。何かオーディオ機器を接続し、電池ボックスのスイッチを入れて、ボリュームを少しずつ大きく(時計回り)してみてください。

音がスピーカーから聞こえましたか?

音が鳴らない場合には、即電源を切って、各ピンにはんだが正常についているか、確認してください。一度はんだごてで各ピンのはんだを溶かすといいでしょう。

このキットの回路図は、こちら👇👇👇の記事にあります。

PAM8406デジタルパワーアンプ回路を作っています
PAM8406というデジタルパワーアンプICを使った、パワーアンプ回路を作っています。 PAM8406 ...