スポンサーリンク
Translate

aitendoの素敵なデザインのマルチメディアプレーヤーADM7をHDMIモニターに改造しました

スポンサーリンク

衝撃的なデザインのアルチメディアプレーヤを、HDMI接続の外部モニターに改造してサブディスプレーになりました。

スポンサーリンク

マルチメディアプレーヤーADM7

aitendoで販売している7インチのマルチメディアプレーヤーはMP4を再生する機能があります。

仕様などADM7について調査したした結果など、詳しくははこちらをご覧ください。

このマルチメディアプレーヤを分解して調査した結果、液晶にはAT070TN92が使われていました。

マルチメディアプレーヤAMD7の分解した結果について詳しくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

AT070TN92用のLCDコントローラボード

マルチメディアプレーヤAMD7に使われている液晶モジュールAT070TN92に対応した、HDMI入力のLCDコントローラボードが、AliexpressやAmazonで売っています。


AT070TN92 Driver Board LCD Screen Controller HDMI For Innolux AT070TN90 AT090TN10 AT070TN93 AT080TN52 Micro USB 50 Pins

このボードを使って、マルチメディアプレーヤーをHDMIモニターに改造しようと思います。

マルチメディアプレーヤーのケースを開けると、液晶モジュールと、コントローラボードの2つに分かれます。

元々付いているLCDコントローラボードを取り外し、購入したAT070TN92用のLCDコントローラボードと入れ替えます。

こちらが、コントローラボードです。HDMI入力と、LCDモジュールと接続する50ピンのコネクタがついています。電源はUSBから供給するようです。また、スピーカーアンプと、モニターの設定を行うためのスイッチボードもついていました。

試しに液晶モジュールをつないでみると、パソコンの画面が液晶モジュールに表示されました。

こんな感じの見た目になる予定です。

スポンサーリンク

改造

元々あったコントローラ基板を外して空いたスペースに、HDMIインタフェースを持ったコントローラボードを固定します。その固定のためのサポーターを3Dプリンタで作ります。Blenderで設計しました。

Curaでスライスしてデータを3Dプリンタで印刷します。

サポーターをLCDコントローラに取り付けて、ケースに収めます。

ぴったり収まりました。HDMIコネクタを接続するための穴と、電源のためのUSBコネクタの穴を開けます。

液晶モジュールがつながりました。

HDMIコネクタの穴はガッツリと開けました。

電源のUSBコネクタは横に開けました。microUSBコネクタのDIP化ボードを、ケースにねじ止めまし、USBコネクタを取り付けます。

スポンサーリンク

完成!

マルチメディアプレーヤADM7が、HDMIの外部モニターになりました。アルチメディアモニターに付いていたスピーカーはそのまま利用し、音も出ます。

パソコンのサブモニターとしても活躍することができます。

★特売品★マルチメディアプレーヤー
●概要●仕様・機能マルチメディアプレーヤー、音楽・静止画像・動画の再生に対応、静止画像を連続再生しながら音楽をお楽しみいただけます。 7インチTFT液晶ディスプレイ、USB/SDソケット搭載、パワーア…


AT070TN92 Driver Board LCD Screen Controller HDMI For Innolux AT070TN90 AT090TN10 AT070TN93 AT080TN52 Micro USB 50 Pins