スポンサーリンク
Translate

電池でミニチュアLED電球が光るDCDCコンバータ回路を作っています

スポンサーリンク

先日は、LED電球の形をしたミニチュアUSB LEDライトを買ってみました。今回はそれを電池で光らせる回路を作りたいと思います。

スポンサーリンク

昇圧型DCDCコンバータTPS61070

電池で5VのUSBライトを光らせるので、昇圧型のDCDCコンバータの回路を設計します。なるべく定電圧で光るDCDCコンバータICを探したところ、テキサスインスツルメンツのTPS61070というICを見つけました。

このICは、入力最低電圧が0.9V、同期整流式なので効率が高いのも特徴です。同期整流式なので外付けにダイオードが不要で、少ない部品で昇圧回路を構成できます。

スポンサーリンク

作ってみる

とりあえずブレッドボードで回路を作ってみます。1.5VでLEDが光りました。とりあえず動作することがわかりました。

電源電圧1.5Vで約5Vが出力されています。

1.2Vまで電圧を下げると...

4Vまで出力が下がってしまいました。入力電圧が低いと、出力電流もかなり少ないのかもしれません。

入力電圧と出力電流の関係のグラフです。入力電圧が1V程度だと、出力電流は70mA程度。ブレッドボードに回路を作ったので、性能が出ていないのかも知れません。

電池1本で光るといいなと思ったのですが、このグラフを見ると、5Vで120mA出力するには電源電圧に1.7Vが必要です。電池1本よりは、電池2本で動作させた方が、電池を使い切るまで光らせることができていいかも知れません。

電池2本仕様にして、基板化したいと思います。