PR 記事には広告が含まれています
スポンサーリンク
Translate

フルスペクトルLEDの小型のドライバ基板を発注しました

スポンサーリンク

以前、フルスペクトルLEDのドライバ基板を作って、部屋の照明を作りました。その基板をもっと小さくして使いやすくしたいと思います。

AC100Vを使ったドライバ基板の記事はこちらです。

DC12Vから24Vで動作するドライバ基板の記事はこちらです。

スポンサーリンク

ガーバーデータの作成

ACタイプ

以前の回路は表面実装部品で作りましたが、作りやすいようにDIP部品としました。

基板が小さいので4つ面付けとしました。

こんな感じの基板となります。

DCタイプ

こちらも、全てDIP部品にしたかったのですが、ドライバICだけDIP部品がなかったので、ドライバICだけ表面実装部品となっています。

スポンサーリンク

JLCPCBに基板を発注

今回はJLCPCBに基板を発注します。

ガーバーファイルをアップロードして、基板のパラメータの設定をします。

面付け基板なので、Delivery FormatをPanel by customerとし、Panel Formatを4にします。後は基板の色を青にしました。

全ての基板の登録が終わったら、Secure Checkoutをクリックします。

発送先、発送方法を選んで、3.Submit Orderのところで、2つ目のReview Before Paymentを選択することをおすすめします。Pay Directlyでこのまま支払いをしてしまってもいいのですが、基板のデータチェックの結果、パラメータの設定ミスなどで料金が変更になる場合もあります。Review Before Paymentを選択すると先にデータチェックをしてくれて、料金が確定してから支払うことができます。

基板のチェックが始まります。チェックが完了すると、全ての基板が「Approved」になります。

データチェックの結果、面付けした基板がエラーになりました。クリックするとエラーの理由が表示されます。Vカットする基板の場合、70mm x 70mm以上の大きさが必要ということでした。Vカットするには基板のサイズが小さすぎたのがのが原因です。

面付けした基板の左右に捨て基板を追加して、縦にもVカットを入れたデータに変更しました。

Replace Fileをクリックします。

改めてガーバーファイルをアップロードします。

先にアップロードしたファイルが無効になり、新たにアップロードしたファイルのレビューが始まりました。

データのチェックが完了するとメールが届きます。Payをクリックして支払いのページへ移動します。このページでクレジットカードかPayPalで支払いをすれば発注完了です。

製造が開始されました。

届くのが楽しみです。

2022.6.27追加 キットはこちら???で購入できます。

追加終わり