スポンサーリンク
Translate

暗い時に人が近づいたら自動で光る人感センサライトを作る実験

スポンサーリンク

今回は、夜に人が近づいてきたら蓄電した電気でライトが光る、人感センサライトの実験をしてみましょう。

この実験は、ソーラー発電・蓄電実験セットで実験できます。

前回の実験はこちらです。

スポンサーリンク

使うもの

スポンサーリンク

実験じゅんび

テストしやすくするために、明るさセンサが反応しないよう、明るさセンサにねりけしを貼り付けます。スーパーキャパシターに電気がたまっていると、LEDが光ります。

太陽電池の黒い線をブレッドボードから抜きます。

人感センサのOUT、+、−のピンをDCDCコンバータに接続します。人感センサのOUTピンをブレッドボードの14aにさします。

太陽電池の黒い線を17bにさします。

じゅんび完了です。

スポンサーリンク

実験1

太陽電池に光を当てて、スーパーキャパシターに電気がたまるのを待ちます。

人感センサに手を近づけてみてください。LED電球は光りましたか?

LEDは10秒光った後に自動で消えます。

人感センサは温度の変化に反応します。手をセンサに近づけたまま消えるのを待って、そのまま手を動かさないでいてみてください。人感センサが反応しないためLEDが光りません。

それでは手を動かしてみましょう。温度が変化して、LEDが点灯します。

人に反応してLEDが光る実験ができました。

それではこの実験そうちを、暗いときに人に反応して光る人感センサライトにしましょう。

スポンサーリンク

センサの延長

人感センサを好きな向きに取り付けられるように、センサを延長します。

まずは、ブレッドボードから人感センサを取り外します。

ジャンパーワイヤーのピン-フレームのうち、オレンジ、黄色、緑の3本を取り外します。

人感センサの、OUTのピンにオレンジ色を、+のピンに黄色を、ーのピンに緑色をさします。

センサをDCDCコンバータに接続します。オレンジ色の線を14aに、黄色を15aに、緑を16aにさします。

人感センサが延長できました。

ねりけしを取り外して、明るさセンサが反応するようにしておきます。

スポンサーリンク

実験2

窓の近くに実験そうちを置きます。人感センサは、人が来る方向をむけてテープで固定しておきます。

昼間蓄電しておいて、暗くなるのを待ちます。

暗くなったら、実験そうちに近づいてみましょう。

人感センサが反応してLEDが光りました!

昼間蓄電した電気を使って、暗いときに人が近づいたらLEDが光る人感センサライトが完成しました。

スーパーキャパシターは充電電池と違って、寿命がとても長いという特徴があります。ほぼ永久に動作する人感センサライトができました。

これで、太陽電池と蓄電の実験は終わりです。

最初に戻る場合はこちらです。

太陽電池で発電してミニチュアLED電球を光らせる実験
太陽電池で発電した電気で、USBのミニチュアLED電球を光らせる実験をしてみましょう。 この実験は、ソーラー発...
この実験は、ソーラー発電・蓄電実験セットで実験できます。