スポンサーリンク
Translate

ごめんなさいPro4。あなたは本当はできる子だったのね

スポンサーリンク

先日試した$5以下で購入できるワイヤレスイヤホン。実力を発揮していなかっただけでした。

試した時の記事はこちらです。

スポンサーリンク

TWS Pro4


Pro 4 TWS Wireless Earphones Rename Bluetooth 5.0 Mini Earbuds with Charging Case Sports Handsfree Headset for Smart Phones

Pro4は、Aliexpressで$5以下で購入できてしまう、Bluetoothワイヤレスイヤホンです。

AACコーデックに対応しているので、転送しているデータは普通のSBCエンコードよりも良い音になっています。

音質を測定してみると、2kHzから10kHzが強い感じで低音や高音は弱めで、いまいち良い音ではありませんでした。

実際の音を録音した動画がありますので、聴き慣れたヘッドホンで聴いて、安価なワイヤレスイヤホンシリーズを疑似体験してみてください。

  1. オリジナル
  2. EarPods(有線接続)
  3. Pro4
  4. Pro6
  5. TWS-L53 ANC
  6. オリジナル

の順に音楽が流れます。

1のオリジナルや、2の有線接続のEarPodsに比べ、Pro4やPro6は音の表現力が弱いことがわかると思います。

スポンサーリンク

真の実力はどうなのか?

TWS Pro4を分解すると、とても小さなスピーカーが入っています。

再生される音はスピーカーの再現力によって左右されます。

そこで、スピーカーの代わりにスピーカーと近いインピーダンスの33Ωの抵抗を接続して、Bluetoothレシーバーの出力している音を直接録音して聴いてみることにしました。

スポンサーリンク

実験準備

スピーカーを取り外し、33Ωの抵抗を接続します。

試しにDCレベルを再生してみました。オシロスコープで波形を詳しくみてみると、同じようなパターンが繰り返されていました。シグマデルタ型のDAコンバータとD級アンプのようですね。1MHz程度で離散化されています。シグマデルタ型なので出力の直線性は良いはずです。

推測ですが省電力低コストにするため、D級動作の差動出力になっている思います。そこで、差動信号を録音できるようにします。

ZOOM U-44で、Pro4の差動出力を、右チャンネルと左チャンネル同時に録音します。

スポンサーリンク

特性を測定

周波数特性

音量を50%にしてホワイトノイズを再生し周波数特性を見てみます。

おおおお。結構フラットですよ。

縦軸を拡大してみてみましょう。20Hzから20kHzまでほぼフラットで、上のグラフで-10dBを基準にすると±3dB程度しか変動していません。600Hz程度が少し弱いかなという程度です。

スピーカーの音を録音した時は、2kHzから10kHz以外は-20dB程度低かったので、全然様子が違います。

歪み率

歪み率をみてみます。

  • 100Hz:0.0185%
  • 1kHz:0.027%
  • 10kHz:0.057%

でした。スピーカーの音を録音した時よりも一桁小さくなっています。

スポンサーリンク

Pro6

ついでに、Pro4よりも音が悪くて聴くに絶えないPro6も、直接録音してみます。

周波数特性

スピーカーの音を録音した時よりもフラットになってはいますが、変動が大きいですね。

±6dB程度変動があります。100Hzから2kHz程度がかなり弱いですね。

スポンサーリンク

Pro4とPro6の比較

1kHzを基準にしてPro4とPro6の周波数特性を比較してみます。Pro6は100Hzから1kHzにわたって弱いのがわかります。

スポンサーリンク

どんな音か聴き比べてみよう


それでは、Bluetoothレシーバーが出力している、本当の音を聴いてみましょう。

聴き慣れたヘッドホンをして、聴いてみてください。

  1. オリジナル
  2. TWS Pro4
  3. TWS Pro6
  4. オリジナル

の順に音楽が流れます。

Pro4はオリジナルにかなり近く、結構頑張っていると思いませんか。

Pro6は中音が弱く、迫力が無い音になってしまっていますね。

スポンサーリンク

Pro4本当はすごいぞ

$5以下で買えてしまうTWS Pro4は、スピーカーの音質が悪いだけで、回路的には良い音で出力されていることがわかりました。

TWS Pro4は、実力はあるのに能力を活かしきれていない、本当はできる子だったんです。

ごめんなさいイマイチなんて言ってしまって。

そうしてPro4の実力を発揮すべく、改造が始まるのでした。


Pro 4 TWS Wireless Earphones Rename Bluetooth 5.0 Mini Earbuds with Charging Case Sports Handsfree Headset for Smart Phones