スポンサーリンク

ダイソーのLED蛍光灯と100円で買える商品で撮影用の小型の照明を作ってみました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小型の撮影用の照明が欲しい

作業中の写真の撮影をすることが多いので、照明にはちょっと気を使っています。最近、綺麗な色で撮影できるsh50proという、撮影用のLED電球を買って使っています。

このLED電球を電気スタンドに取り付けて、撮影をしています。

演色性能がRa95なので、鮮やかに撮影できとても気に入っています。とても綺麗な照明なのですが、1灯しか持っていないので直接照射すると影ができてしまいます。何個か買って色々な角度から照射すれば、影が消えるとは思うのですが、お値段がお値段なので何個も買うことができません。

そこで、sh50proを補助する小型の照明を作ろうと思いたちました。

ダイソーと無印良品で部材を購入

購入したのはこちら、

  • LED蛍光灯 直管LEDランプ 500円(ダイソー)
  • スマホスタンド 100円(ダイソー)
  • メイクトレー小 2個 1個100円(無印良品)

部材代は1000円くらいです。

そのほか、配線やホットグルー、ジャンクから切り取ったコンセントケーブルが必要です。

ダイソーのLED蛍光灯のスペック

ダイソーLED蛍光灯の、箱に書いてあるスペックはこのようになっています。

  • 色温度 5000K
  • 演色性 Ra80以上
  • 光度 1000ml
  • 消費電力 9W

と、照明としてはあまぁまずまずな特性です。5500Kあればsh50proを同じ色温度になるので最高なのですが、まぁ妥協します。

スポンサーリンク

LED蛍光灯の改造

LED蛍光灯の端の電極の下にあるネジを外すと、本体とパイプが分離できます。電極のピンをもぎ取ると、このようにインバータ基板とLED基板が取り外せます。

LED基板を分割

LED基板は、LEDが18直列、これが3並列になっています。この3並列のところで基板を分割します。

次にさらに半分に、LED9個と9個になるように基板に分割します。これで9直列のLED基板が6本できました。

LED基板を接続

先ほど分割した基板を、元接続されていたように、ケーブルで配線します。

カッターを使ってレジストを削り取って、ケーブルで配線します。LED基板は放熱性を高めるためにアルミ基板を使っています。はんだごてを当ててもなかなか温まらないため、はんだづけが難しいです。そこで銅箔の部分にフラックスを塗っておきます。

フラックスを塗っておくと、はんだが付きやすく配線しやすいですよ。

点灯試験

試しに光らせてみます。いい感じに光っていますね。

スポンサーリンク

ケースに収める

ケースには無印良品のメイクトレー小を使います。このトレーを2つ合わせると、半透明のいい感じのケースになります。

このトレーに、放熱用シリコン接着剤でLED基板を固定してきます。

こんな感じに基板が収まります。

穴あけ

ケーブルが通るように、ケースの端に4mmの穴を開けます。

これは不要かもしれませんが、インバーター基板の色が照明の光に混ざらないように、インバーター基板にカバーをつけます。もともとインバーターが入っていたケースに穴を開けてケーブルが通るようにします。

インバーターのケースでインバーター基板を見えなくしました。ケーブルは先程開けた穴を通して、ケースの外に出します。

スポンサーリンク

三脚を取り付ける

スマホスタンドを分解する

ダイソーで買ったスマホスタンド三脚タイプを使います。

スタンドと、ホルダーとに分離します。このホルダーの金具の部分が不要なので取り外します。

ホルダーの底にあるネジをマイナスドライバーを回して取り外します。

このようにバラバラになりました。

ホットグルーで取り付け

ホルダーをLED照明ケースの裏側に、ホットグルーを使って接着します。これで、三脚に照明を取り付けられるようになりました。

スポンサーリンク

仕上げ

コンセントケーブル取り付け

ジャンクの機器から切り取ったコンセントのケーブルを接続します。

蓋をする

もう一個の無印良品のメイクトレー小をかぶせて、セロハンテープで固定します。

スポンサーリンク

完成

三脚に接続すれば完成です。

電源ON!!ふわっとしたいい感じの光です。でも若干黄色い感じがします。5000Kというより4000Kに近いような気がします。

撮影してみる

ホワイトバランスをこの照明で調整して撮影してみます。これは、この照明のみで撮影した場合。結構鮮やかでいい感じじゃないでしょうか。

こちらはSh50Proのライトを上から照射して、斜めからこの照明を当てた場合です。Sh50Proでできた影が、この照明の光のおかげて、柔らかくなっています。

スポンサーリンク

いい感じの照明ができました

ダイソーと無印良品の商品を使ってたった1000円で小型の撮影用の照明ができました。

2020.1.17 追加 もう一つ作って撮影会をしてみました

追加終わり

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント