スポンサーリンク
Translate

光回線をDMM光から楽天ひかりに乗り換えるまでの流れ

スポンサーリンク

楽天モバイルに入っているので、光回線が1年間無料になるため、DMM光から楽天ひかりに乗り換えました。

スポンサーリンク

DMM光の解約

解約の電話

10月14日、DMM光サービスセンター 電話番号:0120-660-481(10:00~18:00)に電話をして解約を申請しました。楽天ひかりに乗り換えるということを伝えると、DMM光のIPv6の接続サービスであるv6プラスが停止されて、乗り換えまではIPv4での接続になると伝えられました。

電話の後1時間程度でV6プラスのサービスが停止し、IPv6での通信ができなくなるということです。

IPv4で通信するためには、ホームゲートウェイの設定が必要です。

ホームゲートウェイは光ファイバからLANに変換する機械です。

IPv4の設定

1〜2時間するとDMM光のマイページの「顧客・契約情報」に設定用のユーザーIDとパスワードが表示されます。これをホームゲートウェイに設定します。

ブラウザで「192.168.1.1」にアクセスして、ホームゲートウェイの設定を行います。

IPv4 PPPoEの設定ページで、DMM光の設定用のユーザーIDとパスワードを設定します。

メンテナス->機器再起動で、ホームゲートウェイを再起動します。

IPv4の接続の状態が「接続中」になり、IPv4の通信に変更できました。以降、楽天ひかりが開通するまでは、この状態でインターネットに接続します。

スポンサーリンク

楽天ひかりに申し込み

楽天ひかりのホームページから申し込みを行います。

DMM光は「光コラボレーション」というサービスなので、それを選んでその他適切に設定して申し込みます。

申し込みが完了しても、「申し込み完了メール」みたいな確認メールは届きませんでした。ちょっと不安になります。

スポンサーリンク

開通日のお知らせメールが届く

申し込みの翌々日、10月16日。楽天から楽天ひかりの開通日のメールが届きました。開通日は約1ヶ月後の11月10日です。

スポンサーリンク

楽天ひかりに対応した無線LANルーターの購入

楽天ひかりは「クロスパス」という通信方式を使っていて、これに対応したルーターが必要ということでした。

どのルーターが対応しているかは、サポートのページに書いてあります。

いろいろなメーカーから販売されています。Amazonやkakaku.comでレビューを見てNECが良さそうだったので、NECのPA-WG2600H4というモデルを購入しました。

全ての部屋に電波が行き届いて欲しいので、ビームフォーミングやMUーMIMOという機能のある、最上位モデルにしました。

スポンサーリンク

NTTから電話が

10月27日。NTTから電話がありました。私はDMM光で光電話を利用していて、楽天ひかりでも光電話を利用するつもりでいました。

しかしながら、NTTの担当者が言うには、楽天ひかりには光電話のサービスがないということです。

そういう場合の救済措置として、光電話だけNTTと契約することができるそうで、契約のために身分証明書を申し込み番号と共にFAXしてほしいということでした。

NTTで光電話を契約した場合の料金は月550円(税込)。DMM光の時と同じ値段でした。

スポンサーリンク

楽天ひかりから書類が届く

11月4日。楽天ひかりから、接続のための説明書とユーザー名パスワードが書かれた書類が届きました。

スポンサーリンク

NTTから書類が届く

11月9日。NTTから光電話に関する書類が届きました。

スポンサーリンク

開通日

11月10日開通日になりました。お昼を過ぎてもDMM光が切れることなく、普通にインターネットができます。

試しに、ホームゲートウェイに楽天ひかりから届いた書類に書いてある、IPv4のユーザー名とパスワードを設定してみました。すると、楽天ひかりのIPv4でインターネットが接続できました。

IPv6で試そうと、楽天ひかりから届いた書類に書いてある通りにしてみたのですが、繋がりません。

IPv6が待機中となってしまいます。楽天のIPv6のサービスは、楽天に乗り換えた当日には開通しないことがわかりました。

とりあえず、楽天ひかりのIPv4でつながっているので、インターネットはできます。

スポンサーリンク

IPv6開通

開通した翌日の11月11日、IPv6が開通したとのメールが届きました。

再びホームゲートウェイを設定します。

ブラウザで192.168.1.1にアクセスします。

IPv4の接続可というチェック項目のチェックを外します。

メンテナンス->機器の再起動でホームゲートウェイを再起動します。

相変わらず、IPv6の状態は「待機中」です。

今度は、無線LANルーターにアクセスしてみます。

動作モード「クロスパス」と正常に認識されています。接続もIPv4もIPv6も利用可能となっています。

これでIPv6でインターネットに接続できるようになりました。めでたしめでたし。

スポンサーリンク

通信速度

DMM光と楽天ひかりで通信速度のチェックをしてみました。ただ、DMM光と楽天ひかりで無線LANルーターが変わってしまっているので、正確な比較とはなりません。

DMM光

下り310Mbps、上り250Mbps程度でした。

楽天ひかり

下り460Mbps、上り450Mbps程度でした。少し速くなりました。

無事、DMM光から楽天ひかりに乗り換えられて良かったです。

楽天モバイルを利用している方は、楽天ひかりが1年間無料になるので、おすすめです。