ロシア製 IN-12B 数字のニキシー管 が届いたので開封していきます

先日はドット型のニキシー管NIS-1が届きましたが、今度は数字のニキシー管IN-12Bが届いたので開封していきます。

梱包

茶色の厚めの紙に包まれていました。差出人のところにはウクライナの文字が。遠くウクライナより届きました。9月24日に注文して、9月26日には発送してくれました。10月10日に届いたので2週間程度で受け取れました。

開封

ダンボールの中に、発泡スチロールで左右を挟まれ、スチロールのシートに包まれて入っていました。半導体ではないので、発泡スチロールの静電気でもビクともしないところが心強いですね。

取り出し

取り出してみました。数字のプレートが見えます。

この構造が、素敵です。色々な角度からずーっと眺めていられます。

同じ型番が2種類

印字の異なる2種類のニキシー管でした。右の2つは会社のマークでしょうかCCCPというマークがあります。左の4つはそのマークはありません(背面にありました)。

08◎81とか03◎86って何でしょうか?81年8月とか86年3月という製造年月でしょうかね。だとすると一番古いのは81年4月で40年近く前です。まだ、新品の状態で在庫があるってすごいことですね。

魅力的な表示装置です。早く光らせられるようになりたいです。

次は昇圧回路を作りたいと思います。

つづく

2019.10.27 追加 つづきはこちら

追加終わり

電子工作

関連記事

kohacraftのblog

コメント