スポンサーリンク

ハードオフで発見!大きなフラッシュライトを早速分解&フラッシュ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャンクフラッシュライト発見!

久々にハードオフに行ってみると、ジャンク売り場に30cmくらいの大きさの、大きなフラッシュライトが売っていました。「光ります」と書いてあるので、光るのでしょう。これは面白そうなので買ってみました。

スポンサーリンク

まずは分解

ネジを外すと簡単に分解できました。結構シンプルな仕組みになっています。

100Vから220Vに変換するトランスがついています。これならば複雑な昇圧回路が不要になりますね。

220V16uFの巨大なコンデンサが付いてました。かなりの存在感があります。

回路もシンプルそうですね。

スポンサーリンク

回路図を調べてみる

フラッシュライトの回路図

上記のような回路になっていました。ダイオードの部分は倍圧整流回路になっているので、220Vの交流を整流して440Vになっています。その後の平滑化のためのコンデンサ(16uF)は、耐圧は220Vとなっています。耐圧不足のようですが…

トリガー素子の部分は、サイリスタに変更することで、任意のタイミングでフラッシュを光らせられるかもしれませんね。

スポンサーリンク

光らせてみる

ピカッ、ピカッ、ピカッと連続で発光します。物凄い光です。ボリュームで光る周期を、1秒に1回程度から、1秒に5回程度まで調節できました。

これは面白いです。トリガーを自在にかけられるように、改造できたら楽しそうですね。

なかなか面白い物が手に入りました。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント