中華AVRISP mkIIをAtmelStudioで使う設定

前回は中華製AVRISP mkII互換機をwindows10に認識させるところまで来ました。

今回は、AtmelStudioに認識させてAVRマイコンにプログラムを書き込めるようにしたいと思います。

中華AVRISP mkIIはAVRISP mkIIではない

パソコンに認識されるようになったので、早速AtmelStudioを起動して接続を試みます。

[Tools]->[Device Programing]->左上の[Tool]でAVRISP mkIIを選択しようとしても、[AVRISP mkII]がありません。中華製AVRISP mkIIはAtmelStudioでは、AVRISP mkIIとしては使えないようです。

SKT500として認識させる

AtmelStudioに戻って、[Tools]->[Add target…]をクリックします。

[Select tool]で[STK500]を選択します。

[Select Serial port]で、中華製AVRISP mkIIのUSBシリアルポートを選択します。[Apply]をクリックすれば設定完了。

AVRマイコンとやっとつながる

AtmelStudioに戻って、[Tools]->[Device Programing]->左上の[Tool]で[STK500]を選択。[ISP]の右の[Apply]をクリックすると、中華製AVR ISP mk2につながります。

書き込み機にAVRマイコンをつないで、[Read]をクリックすると、Device signatureとTarget Voltageが得られます。

ここまでくれば、AVRマイコンにプログラムを書き込むことができます。

今ではもう売っていない純正のAVRISP mk2の代わりに、中華製AVRISP mk2互換機が使えるようになりました。これで、安価な互換機が使えますね。

電子工作
kohacraftをフォローする

関連記事

kohacraftのblog

コメント

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status