中華AVR ISP mkIIを正規と同じ6ピンISPコネクタに改造する

正規のAVRISP mkIIが壊れてしまったので、中華のAVRISP mkII互換機を買ってみました。

中華製AVR ISP mkII

中華製互換機はケースにAVRとATMELのエンボスが無いだけで、正規品と同じ見た目をしています。

中華製互換機は、ISPのコネクタが10ピンになっています。本体と一緒に10ピンから6ピンに変換するコネクタが同梱されていて、これを取り付けることで、正規品の6ピンと同様に使えるようになります。

コネクタの方向がわからなくなって面倒

ただ、この10ピンから6ピンに変換する変換コネクタは、基板に信号名が書いてはありますが、どちらが表でどちらが裏なのかぱっと見わかりません。よく考えないと刺し間違えてしまいます。間違えて回路を壊しかねないので、純正品のように表裏がわかる6ピンコネクタに変更したいと思います。

6ピンコネクタに改造

中身を見てみる

背面の四隅の爪を外すと、簡単にケースが外れます。フラットケーブルと基板とは普通のリボンケーブル用のコネクタでつながっていました。これなら簡単交換できます。このケーブルを取り外し、10ピンから6ピンに変換するケーブルを自作して交換しようと思います。

10ピン-6ピン変換ケーブルの製作

AVRのISPコネクタの6ピンと10ピンのピン配置はこのようになっているので、同じ信号線どうしをつなげば変換できます。

工作を楽にするために、あらかじめ6ピンのコネクタがついたケーブルと、10ピンのフラットケーブル用のコネクタを用意しました。

 

 

このケーブルの片方を切断して、10ピンのコネクタに交換します。

変換の配線図を見ながら、10ピンコネクタの該当するピンに配線を通します。

このコネクタは、普通は専用の機械で圧着してピンと配線を接続します。そんな機械はないので、クランプを使って圧着しました。

クランプをぐるぐる回して圧着します。

6ピン-10ピン変換ケーブルができました。念のためテスターでピンがあっているかチェックしました。

6ピンISPコネクタの中華AVRISP mk2完成

もともとつながっていた10ピンのケーブルを取り外し、先ほど作った変換ケーブルを取り付けて、ケースを元に戻せば改造完了です。正規のAVR ISP mk2のようにISPコネクタが6ピンになりました。

次回はこちら

おまけ

場合によっては、ISPのVCCピンから、ターゲットの回路に電気を供給したいこともあると思います。その場合には、基板のフラットケーブルコネクタの隣にあるJ3をショートすると、ISPのVCCピンに5Vが供給されるようになります。

ターゲットが3.3Vの場合はどうするのかな、と思って回路を追ってみたのですが、ISPの信号は15W408Sというマイコンが生成して100Ωでつながっていました。このマイコンは5Vで動作しているので、ISPの信号は5V専用のようです。このため、ターゲットがマイコンが3.3Vで動く場合には、この中華AVRISP mk2は使えないかもしれません。

電子工作
kohacraftをフォローする

関連記事

kohacraftのblog

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus