スポンサーリンク

トランジスタを使ったリングオシレータを作ってみました

スポンサーリンク

リングオシレータ

トランジスタで、LEDが順番に光るリングオシレータ回路を作ってみました。

スポンサーリンク

リングオシレータ

奇数個のNOTゲートをループするように接続すると、信号が順番に伝わりループすることで発振します。NOTゲートの代わりにトランジスタを使い、次の段との間にコンデンサを追加することで、ゆっくりと信号が伝搬してくのが見えるようになります。

回路

回路はいたってシンプルです。トランジスタのエミッタ接地の反転スイッチング回路と、RC回路の組み合わせが、3つつながっています。奇数であれば3つ以上でも動作します。

この回路は、電源を入れただけでは発振が開始されないので、回路右の起動スイッチを押して発振を強制的に開始させます。

スポンサーリンク

アナログっぽい動作

こちらが、電源電圧5Vの時の動作です。スイッチを押して起動すると、LEDの光が左から右へ順番に移っていくのがわかります。

こちらは、2.7Vの時の動作です。コンデンサが充放電されながら、順番に伝わっていくのがわかります。

電球が光っているかのような、アナログっぽい動作が、何か心地よい感じがします。

これ以上電圧を下げると、伝わっていく途中で消えてしまったり、全く伝わらなかったりします。何か生きているような感じがする、不思議な回路です。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント