スポンサーリンク

秋月電子のインバーターとコッククロフト・ウォルトン回路で雷放電バチバチ楽しい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コッククロフト・ウォルトン回路

ダイオードとコンデンサを使って、交流信号を2倍、3倍と昇圧できる回路です。

過去にも、観察できる雷実験装置を作った時に使いました。

今回は、秋月電子で激安で売っていたインバーターと蛍光管のセットに、コッククロフト・ウォルトン回路をつないで、雷放電を発生させたいと思います。

使ったインバーターセットはこちらです。

インバーターをちょっと改造

インバーターの出力段に入っている、コンデンサを取り外し、ジャンパーでつないでしまいます。

こうする事で、多くの電力をインバーターから取り出す事ができます。

こんな感じになりました。

スポンサーリンク

放電開始

ジーーーーという音ともに放電が開始されました。12V100mA程度の電力で、放電が楽しめます。

青白い放電が起こっています。

間隔を広げてみる

放電している針の幅を広げると、ジーーーからバチッバチッバチッと、放電の時間間隔が長くなります。

しかし、この状態で針の近くにニッパーを近づけると、上の写真の様にジーーーと連続で放電しました。針同士の間隔は変わっていないし、ニッパーも触れていないのですが、放電の具合が変わり不思議でした。

スポンサーリンク

見ていて飽きない放電

放電って見ていて飽きないんですよね。

なかなかいい放電でした。

コメント