ロジックICだけでテレビに模様を表示できました

FullSizeRender
ロジックICだけを使って、ビデオ信号を作り出して、テレビに模様を表示することができました。

使ったICは
  • 74HC4040 12ビットカウンタ 2つ
  • 74HC14 NOTゲート
  • 74HC08 ANDゲート
  • 74HC86 EX-ORゲート
です。
回路はこうです。
logicvideo
 ベースクロックを作る
NOTゲートと16MHzの水晶を使って16MHzの信号を作ります。信号を安定にするため、NOTをさらに追加しています。
 水平同期信号を作る
16MHzの信号をカウンタICのクロック入力に入れます。カウンターの10段目Q10で、だいたい60us周期のパルスができます。これがちょうど映像信号の水平1ライン分の周期になります。
この段の1つ前のQ9の段とANDをすると、ONのパルス幅が半分の15usになります。さらに前の段Q8とANDすると、ONのパルス幅はさらに半分の8usになります。さらに前の段のQ7とANDすると、さらに半分の4usになります。この信号をNOTすると、水平同期信号っぽい波形になります。
FullSizeRender

 模様の信号を作る
これはカットアンドトライで模様を作ります。
FullSizeRender
Q10より手前の段(Qx)と、Q10よりも先の段(Qy)とのEX-ORをします。すると縦と横の幅がいろいろ異なるチェッカーフラグの模様になります。
例えば
FullSizeRender
こんな感じになったり、
IMG_6683
こんな感じになったり。
ブレッドボードで作ったので、すごい配線になっています。
FullSizeRender
今回ロジックICだけで作った映像信号は、だいたい映像信号っぽいという波形で、垂直同期信号もない適当な信号です。テレビモニターでは偶然写りしましたが、パソコンモニタ用のアップスキャンコンバータでは写りませんでした。USBキャプチャでは写りはしましたが、垂直同期信号がないので縦にブレます。
でも、ロジックICだけで、テレビに模様が出せて楽しかったです。
関連記事
ファミコン
kohacraftをフォローする

関連記事

kohacraftのblog

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus