リチウムイオン充電電池でHAKKO 394 コードレス吸着ピンセットの吸着力をパワーアップしました

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットは、チップ部品をノズルの先に吸着したり離したりすることができる、ピンセットの代わりになる工具です。

部品をつまむ必要がないので、パチンと部品が飛んで行ってしまうこともなく、部品を離すときに隣の部品にピンセットがぶつかって、ずれてしまうこともありません。ピンセットの欠点を排除した、究極の部品ピック&プレース工具です。

実際に使ってみた記事はこちらです。

吸着力を上げて作業効率を上げたい

以前、HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットの吸着能力を上げるため、試行錯誤をしました。

この時、ノズルの詰まりを解消したり、ノズル先端の形状を改良したりして、吸着能力は格段に上がりました。

でも、もっと上げたいと思います。

以前の実験では、ポンプの電源電圧が3Vから4Vの間ぐらいが、吸う力が高いことがわかっています。

そこで今回は、電池の電圧を上げて、吸着力を高めてみたいと思います。

バッテリーを入手

3Vから4Vくらいの電圧が必要ということは、普通の電池よりも高い電圧の電池が必要です。となると、リチウムイオン充電電池というのあります。リチウムイオン充電電池は、電池1本で3.7Vです。ちょうどいい電圧ですね。

リチウムイオン充電電池の10440というサイズが、単4電池の電池とほぼ同じサイズとなります。

そこで、10440サイズのリチウムイオン充電電池をAMAZON購入してみました。

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットは、電池が2本入る構造になっています。リチウムイオン充電電池1本で電圧は十分なので、もう一本はダミー電池にします。

ダミー電池とは、プラス極とマイナス極がつながっている構造をした、電圧を発生しない電池です。リチウムイオン充電電池(3.7V)と、このダミー電池(0V)を電池ボックスに装着することで、2本で3.7Vの電圧となります。

このダミー電池もAMAZONで購入しました。

効果は?

青いリチウムイオン充電電池と、黄色いダミー電池を、HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットの電池ボックスに装着します。10440というサイズですが、ぴったり入りました。

ポンプを動作させてみると、普通の電池2本(3V)の時よりは、ポンプの音が少し高くなりました。少しポンプが高速に動作しています。

実際に吸着させてみます。チップ部品としては少し重い部品の部類の、0805サイズの47uFセラミックコンデンサを、吸着してみました。吸着力は3Vの時より少し高くなっていて、すぐに吸着されました。

しかも、リチウムイオン充電電池は、普通の乾電池よりも軽量です。また、もう1本のダミー電池は空き缶状態なので、さらに軽量となっています。

普通の電池から、リチウムイオン充電池とダミー電池に交換することで、HAKKO 394 コードレス吸着ピンセット自体が軽くなりました。この軽量化によって、大量の部品をピック&プレースする時の、手首の疲労が軽減されるのではと思います。作業性が上がりそうです。

充電は専用チャージャーで

リチウムイオン充電電池は、普通の充電電池の充電器では充電できません。リチウムイオン充電電池用の充電器で充電します。その中でも10440サイズに対応しているか、確認してくださいね。

私は、秋葉原のShigezoneAkibaで先日買ってきました。

まとめ

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットの電池を、リチウムイオン充電池とダミー電池に置き換えて、電圧を少し上げました。

吸い付ける力が上がったため、すぐに部品が吸着されるようになりました。作業効率が上がりそうです。

また、HAKKO 394 コードレス吸着ピンセット自体の重量が軽くなったので、手首の疲れも軽減できそうです。

部品の実装作業の、作業性が向上しそうで嬉しいます。

HAKKO 394 コードレス吸着ピンセットは、こちら。

チップ部品を吸着するには、このノズルが必要です。

ピンセットよりも高価ですが、作業効率が格段に上がるので、買って損は絶対ありません。もうピンセットには戻れませんよ。

2019.11.16 追加 安くて超最適なノズルを見つけました!吸着力さらにアップ

追加終わり

コメント