スポンサーリンク

はんだごてでは取れない多ピンデバイスを簡単に基板から外せるホットエアーガン858Dを買ってみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホットエアーガン

ヒートガンよりも先端が細く、温度調節もできるホットエアガン858Dです。

AliExpress.com Product – JCD Hot air gun 858D 2 in 1 soldering station 700W 110V 220V BGA Rework SMD SMT welding repair tool Heat gun LED Digital Solder

アマゾンでも売っています。

私は、110V仕様の物をAliexpressで買いました。

スポンサーリンク

開封

このような状態で中国より届きました。

開けると、空きスペースにプチプチが詰まっています。

本体、ヒートガン、ノズル、電源ケーブルが入っています。

スポンサーリンク

温度テスト

熱風の温度をボタンで設定することができます。今回は、はんだごてと同じ程度の340度に設定してみました。温度の他に、風量もつまみで調節できます。

熱電対温度計で温度を測定すると、だいたい340度でした。いいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

多ピンのデバイスを取り外してみる

13本もリードのあるニキシー管を、基板から取り外してみます。両面スルーホールなので、はんだごてとはんだ吸い取り線では、なかなか難しい基板です。

鉛フリーはんだではんだ付けしてしまったので、先ほどテストした340度ではんだを溶かしてみます。

丸く配置されたパッドを、円を描くようにホットエアーで温めます。しばらく温めると、はんだが溶けてメタリックの金属っぽい色に変わります。

前後左右にニキシー管を動かすと、無事に引き抜くことができました。半田ごてでは絶対に無理な基板ですが、ホットエアーガンを使うことで、うまいこと取り外すことができました。

スポンサーリンク

自動で冷却

ヒートガンを置く台にはセンサーが内蔵されています。台にヒートガンが載っているか自動で判断し、台からヒートガンを持ち上げると熱風が吹き出します。再び台にヒートガンを戻すと、送風モードになり冷却が行われます。そして温度が100℃を下回ると送風が止まります。

「—」が冷却が完了し送風が止まっている状態。

スポンサーリンク

これは便利な物を買いました

ヒートガンのように広範囲が加熱されるのと違い、局所的に加熱できるので、部品の取り外しには重宝しそうです。

温度も設定できるので、加熱し過ぎの心配も減ります。

なかなかいい物を購入しました。部品の取り外しの際には使っていこうと思います。

AliExpress.com Product – JCD Hot air gun 858D 2 in 1 soldering station 700W 110V 220V BGA Rework SMD SMT welding repair tool Heat gun LED Digital Solder

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント