スポンサーリンク

なかなかONしないしONしたら今度はなかなかOFFしない扇風機のスイッチを修理しました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なかなかONしないスイッチ

9年ほど前に購入したTEKNOSの安い扇風機の電源スイッチが、全然反応してくれません。

何度も強く押していると、たまに反応して扇風機がONします。OFFする時も、同様何度も強く押して偶然OFFするといった感じです。電源の他のスイッチには問題なく反応してくれるので、電源スイッチだけ壊れたみたいです。

こういった現象はほとんどスイッチの寿命です。交換すれば直るはずです。

スポンサーリンク

分解

普通のネジとゴム脚の裏にある隠しネジを緩めると、裏蓋が外れます。

基板のネジを外して、基板を取り外します。基板の右下WS4のスイッチが問題のスイッチです。

スポンサーリンク

スイッチの交換

交換する電源のスイッチは、偶然あった「燃えプロシンセサイザー」のスイッチと形状がほぼ同じでした。

形状は同じですが高さがちょっと違っていて、扇風機のスイッチ(写真左)は高さが6mm、燃えプロシンセサイザーのスイッチ(写真右)は高さが7mmです。

6mmの高さのタクトスイッチはAmazonでも売っています。

燃えプロシンセサイザーのスイッチを、ちょっとヤスリで削って高さを大体同じにしいました。

基板のスイッチを取り外し、新しいスイッチに交換します。

交換完了。動作チェックのため電源スイッチを押してみます。

無事、扇風機の電源が入りました。

基板を元のところに戻し、ネジで固定していきます。

スポンサーリンク

修理完了!

スイッチが直って、素直にON,OFFできるようになりました!!

スイッチを押してもなかなか反応しない場合には、スイッチの寿命なので交換すると直る可能性が高いですよ。

修理
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント