スポンサーリンク
Translate

夏休み自由研究に太陽電池で充電し夜になったら勝手に光るガーデンライトを作ってみた

スポンサーリンク

太陽電池を使った夏休みの自由研究

はじめての太陽電池実験セット ナイトライトをつくろう」キットを使って、夜になったら勝手に光るガーデンライトを作りました。

このキットは、太陽電池でLEDを光らせる実験から、暗くなったら光る仕組みの理解と、最終的にはDCDCコンバータを使って夜になったら勝手に光るライトを作ることができます。

今回は、この最終形のDCDCコンバータで光らせる回路を使って、ガーデンライトを作りたいと思います。

スポンサーリンク

回路を作る

回路はキットの説明の最後のページ、「太陽電池で遊ぼう6 DCDCコンバータを使ってみよう」の回路を使います。

組み立てるとこんな感じになります。

スポンサーリンク

タッパーに入れる

タッパーは、ダイソーで1200mlという容量のタッパーを購入しました。

タッパーの中に回路を入れます。

蓋をして、太陽電池を蓋の上に載せます。

太陽電池は防水ではないので、全体をラップで覆って太陽電池に雨がかからないようにします。

これで夜になったら勝手に光るガーデンライトの完成です。

スポンサーリンク

設置

芝の上

庭の芝生の上に置いてみました。

玄関先

玄関前のポストの上に置いて、

玄関にライトを当てたいと思います。

スポンサーリンク

夜になって

芝の上

太陽電池を使った夏休みの自由研究

夜になり、LEDが光出しました。庭に光が当たっています。

玄関先

ポストの上のライトも光っています。

ちょっと暗いですが、玄関にもライトが当たっています。

スポンサーリンク

ソーラーガーデンライトができました

太陽電池を使った夏休みの自由研究

これからは、太陽電池によって昼間に充電したエネルギーで、夜になると勝手に光るようになります。楽しいので夏休みの自由研究にぴったり。👇👇で販売しています。

kohacraftのshop
太陽電池で遊ぼう。昼間充電して暗くなったら光るライトが作れちゃいます。プラモデル感覚で簡単に組み立て遊べます。対象年齢9歳以上。わからないことはメールでしっかりサポート。絶対完成できます。