スポンサーリンク
Translate

3Dプリンタとレーザーカッターを使って小型の照明を作りました

スポンサーリンク

USBで光る小型のワームホワイトの照明を、3Dプリンタとレーザーカッターを使って作ってみました。

スポンサーリンク

回路部

USBコネクタ基板(左)と、昇圧DCDC基板(中)、COBLEDモジュール(右)を使っています。


15pcs a lot 3W 5W 7W 10W LED Source Chip High Power LED COB Side 11mm Light Bulb Light Lamp Spotlight Down light Lamps

LEDにはCOBを使っています。蛍光体の中にチップLEDが6つ入っていて、9V程度で面発光します。ちょうど良い明るさになるように、昇圧DCDCの電圧を調整しておきます。

スポンサーリンク

ケースの加工

3DプリンタAnycubic  I3 Megaでケースを作りました。

ANYCUBIC MEGA-S 3Dプリンター 金属製 高精度 Titan押出機 TPU/ABS/PLA等 操作簡易 家庭用 3DPrinter 初心者/学校等向け
ANYCUBIC

USBコネクタ部分が少し小さかったので、ヤスリで穴を大きくしました。

スイッチの穴も、少し大きくしました。

スポンサーリンク

拡散板

LEDの前面に取り付ける拡散板を、乳白色のアクリルからレーザーカッターで切り出しました。

ぴったりサイズです

スポンサーリンク

完成!

USBで光るLEDライトが完成しました。

間接照明なんかに使うと、光が広がってとても綺麗です。