スポンサーリンク
Translate

IZUMIの髭剃り3枚刃往復式シェーバーIZF-V25のヘタった充電電池を交換してみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

IZUMIのシェーバーIZF-V25

シェーバーIZF-V25

IZUMI 生産終了製品 往復式シェーバーIZF-V25のページより

ちょうど3年前に購入した、既に生産中止となっているIZUMIの3枚刃の電動シェーバーです。安いのに水洗いもできて、とても快適に使ってきましたが、最近充電電池がヘタってきたみたく、充電してもパワーが弱くなってきました。寒いのも影響しているかもしれませんが、コンセントにつないだまま使っても、弱い感じがするので、そろそろ買い替えかたと思っていました。

現行品だとIZF-V538のようですね。

電池以外は問題ない

そうなんです。電池以外は、今年刃も交換したし、問題ないんです。このシェーバーの取り扱い説明書を見ると、分解の仕方が載っています。

IZF-V25分解説明書

破棄の時には、電池を抜き出して処分するということです。ということは、電池だけ交換できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

早速分解

電池を確認

ヘッドの部分のネジを緩めます。

黒とシルバーのプラスチックの間に爪を入れて、プラスチック同士の爪を外して分離させます。

背面も同じように、爪を入れて分離させます。

充電のポートにあるネジを外すと、電池や基板を覆っているカバーが外れます。

電池は単4型のニッケル水素充電電池2本でした。

充電電池を購入

はんだ付けができる「タブ」という端子がついている、単4型のニッケル水素電池を探しました。私が見つけたのは、「バッテリースペース」という電池専門のお店で、1本190円でした。これを2本買いました。

注文して2日後の到着しました。バッテリースペースというお店、仕事が早いです。さて、この電池と交換します。

スポンサーリンク

電池を交換

バッテリーホルダーから電池を取り外します。両面テープでホルダーに電池がくっついているので、ちょっと力が必要です。電池を傷つけないよう気をつけて取り外します。

電池から配線を外します。

上が元々入っていた電池。下がバッテリースペースから購入した電池です。元々は650mAhなのかもしれません。購入したのは800mAhなので、1回の充電で動かせる時間が少し伸びるかもしれませんね。

元あった極性の向きと同じになるよう、充電電池に配線をします。

スポンサーリンク

カバーを元に戻せば交換完了

分解と逆の手順で戻せば、電池の交換完了です。スイッチを入れると、これまでよりも軽快なモーター音がします。電池の交換で若返ったのかもしれません。

本体を買うよりも劇的に安く、修理できました。

私はIZF-V25を修理しましたが、IZF-V15も説明書によると構造が同じようなので、同じように修理ができるのではないかと思います。

後継品も安いので、替刃も交換が必要なのであったら、新品を購入する方がいいかもしれませんね。