スポンサーリンク

小型の大電流トランスがニキシー管の電源として使えるか違う昇圧回路で試してみました

スポンサーリンク

前回はNixieDCDCの昇圧回路につないでみましたが、うまく昇圧されなかったので、違う回路で試してみました。

前回の実験については、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

XL6009DCDCコンバータモジュール

XL6009昇圧モジュール

今回改造するのはAmazonなどで安価に購入できるXL6009を搭載した、昇圧型のDCDCコンバータモジュールです。

XL6009は4Aまでスイッチングできる、大電流型のDCDCコンバータICです。今回のトランスが3A程度まで耐えられるので、ちょうど良いかもしれません。

XL6009datasheet

スポンサーリンク

分解

昇圧の電圧が170V程度になるよう設定用の抵抗を交換します。また、出力段のダイオードやコンデンサーなどをNIxieDCDCの回路で使っている高耐圧の物に交換します。

部品を取り外すのには、ホットエアーを使います。

はんだごてでは取れない表面実装部品を、いとも簡単に取り外すことができます。回路の改造をする方にはおすすめの工具です。

ほぼ全ての部品を交換し、交換しなかったのは入力段のコンデンサと、ICだけでした。

スポンサーリンク

電源を入れてみるが...

電流制限付きの安定化電源DPS605Uで1Aを最大になるように設定して、もしもの時に過電流にならないようにして、電源を供給してみます。

安定化電源DPS605Uについてはこちらをご覧ください。

電源を入れてみると、制限の1Aまで一気に流れてしまいました。しかも、DCDCコンバータの出力電圧は、全く昇圧されず、供給された値と同じ電圧しか出ません。

大電流が流れているにもかかわらず、電圧が昇圧されないということは、正常に動作していません。オシロスコープでコイルの波形を見てみたのですが、どうも1次側のエネルギーが2次側にうまく伝わっていないというか、スイッチングの最中に磁気エネルギーとしてうまく溜まっていない感じです。コイルがほぼショートな状態です。

安定化電源に、電流制限機能のついていてよかったです。そうでなければ大電流が流れてDCDCコンバータが焼けていたでしょう。

スポンサーリンク

どうにもうまくいかない

最初からやり直してみます。改造前のモジュールからコイルだけを取り外し、このトランスをコイルとして使って、昇圧できるのか試してみました。すると、やはり1A以上流れてしまい、全く昇圧されませんでした。試しにトランスの2次側をコイル代わりにすると、昇圧回路が正常に動作しました。

ということは、1次側のインダクタンスが極端に小さく、ほぼショート状態ということかもしれません。

ということで、今回の小型トランスは、うまく使いこなすことができませんでした。また違うトランスを探して実験してみたいと思います。

kohapepeをフォローする
電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント