スポンサーリンク

アルミ基板で作った高演色ライトにファンを取り付けて暑くても安心のライトにしました

スポンサーリンク

以前作った、高演色照明にファンを取り付けてみました。高演色LEDを作った記事はこちらです。

スポンサーリンク

ファン

基板に丁度良い8cmのファンがありました。過去に作ったテスラコイルに付いていた冷却用のファンです。

何度修理してもIGBTが壊れてしまいます。

そのため、テスラコイルは分解してしまいました。

スポンサーリンク

アルミとファンとの取り付けパーツ

アルミとファンとを固定するパーツを作ります。Blenderでモデリングして、

Curaで4つ分スライスして3Dプリンタのデータにします。

3Dプリンタ Anycubic I3 Megaで印刷しました。

20分ほどでパーツが完成しました。

このパーツを、角に取り付けます。

このように角に嵌め込みます。

スポンサーリンク

一体化完了

ファン付きの照明になりました!

12Wなのでかなり明るいです。高演色LEDなので発色も綺麗です。

しばらく光らせたまま放置しましたが、ファンのおかげで36℃程度までしか熱くなりませんでした。これなら夏の暑い日でも、高温にならず安心して使えます。

kohapepeをフォローする
3Dプリンター
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

kohacraftのblog

コメント